« 集団的自衛権に「中国刺激」と米側が難色 | トップページ | 周小川総裁(中国人民銀行)が3月に退任 »

2013.02.04

米国経済は財政協議の難航を切り抜ける見込み

 今週発表される米国の経済指標について市場ではエコノミストが非製造業において
   財政協議の難航を切り抜けていること
が示されるとはみており、サービス業が1月に、前月とほぼ同ペースで拡大することが予想される。

 米国供給管理協会(ISM)が5日発表する1月の非製造業総合景況指数 は
   55
との予想であり、昨年12月は10カ月ぶり高水準の55.7(改定値)が継続していることが裏付けられそうだ。

 

同指数は50を上回ると活動の拡大を示唆する。

個人消費の回復と住宅市場の持ち直しが
   マスターカード
   D.R.ホートン など
の非製造業を後押しし、昨年10-12月(第4四半期)に失速した米経済を支援していることが予想される。

 また、8日発表の12月の貿易収支では石油関連製品の輸出が拡大し、原油の輸入が減少していることから赤字が縮小する見通しとなっている。

 景気回復に伴い改善が続いている雇用市場も
   給与税引き上げの影響
を受けている家計のやりくりに寄与すると予想される。 

       

       ↓ 参考になったらクリックをお願いします。 ↓ 

   人気ブログランキングへ  にほんブログ村 為替ブログへ  

 

ひとこと
 
景気を回復させる流れは消費を喚起し拡大させて付加価値の拡大を行わせるような仕組みが必要だろう。薄利多売では次の芽を作るような技術等が出にくく、文化が薄っぺらなものでしかなくなるだろう。

 

余裕をなくした産業が20年余りのデフレ不況で巷に溢れている。

 円安に伴う資材の保有量は大きく激減しており、資金があってもモノを買わない企業では円安の流れが強くなれば、人材不足のまま業務負荷ばかりが増えてしまい、労働力の流出が引き起こされえるだろう。

 これでは産業の底が抜けるのは明らかで技術や技能の離散となり看板方式等のサプライチェーンが切れるだけだろう。
 金融資本の理論で企業体質をデフレ化においては有効な働きがあったとしても、インフレに舵が切られ始めている現状で、これまでどおりの方策を継続させる愚かさを知るべき日を迎える企業が多くなりそうだ。

 
  

« 集団的自衛権に「中国刺激」と米側が難色 | トップページ | 周小川総裁(中国人民銀行)が3月に退任 »

One MileStone」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/56695512

この記事へのトラックバック一覧です: 米国経済は財政協議の難航を切り抜ける見込み:

« 集団的自衛権に「中国刺激」と米側が難色 | トップページ | 周小川総裁(中国人民銀行)が3月に退任 »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ