« ソロモン諸島でM7.1の地震発生 | トップページ | 麻生太郎財務相の発言で円買いが強まった? »

2013.02.09

円安の恩恵ない(米国ホンダ)

 米国自動車メーカーを代表する業界団体
   米自動車政策評議会」(AAPC)
は円安に対して米政府は厳しい対応を取るよう求めている。

 

 米国ホンダ の
   ジョン・メンデル執行副社長(販売担当)
は8日、フロリダ州オーランドで行われた米国の
   JDパワー・アンド・アソシエーツ
が主催する会議に出席し
   円安で当社が恩恵
を受けているという見方については一切否定すると述べた。

 

 メンデル氏によれば米国ホンダが米国で販売している自動車の90%を米国で組み立てていると述べ、「1ドル=90円程度の水準は警戒する原因にはならないと考えると続けた。

 

AAPCは先月、円相場の押し下げを狙った日本の政策に抗議し、オバマ大統領は
   報復も辞さない姿勢
を明確にするべきだと訴えた。 

       

       ↓ 参考になったらクリックをお願いします。 ↓ 

   人気ブログランキングへ  にほんブログ村 為替ブログへ  

 

ひとこと
 欧米の権益をこの10年あまりで日本に張り巡らすために邁進してきた日本のポチ犬政治家が政権を執って欧米国際資本の思惑で日本経済を丸裸にさせる戦略は、成功しつつある。つまり日本国民にとっては危機的状態にあるということだ。

 

 国際資本の意のままに操られているマスコミの報道で日本の大衆を扇動し、脱原発運動を高め国内の原発の稼動を停止させ、その間に原油や天然ガスが欧米の経済不振やシェールガス・原油の産出量の激増で相場が暴落するリスクを防ぐため、高値で底値買いを行わせる環境を作り出した結果、日本の貿易赤字は巨額になっている。

 こうした環境を維持したまま円安傾向を強めれば無能政治家や日銀総裁の経済政策の失政で長期のデフレが続き、企業の体質がインフレに耐えられない状況を作り出してしまっている。

 

 資材ストックが価格下落で企業内部に蓄えられていない現実をポチ犬政治家は理解できていないようだ。
 国の予算委員会での発言を聞いても、与野党ともにノー天気としか言えない価値のない発言と答弁に終始している。

 政権を手放した国賊政治家が野党になり追求しても、こうした状況を作り出してしまった責任を棚の上に置いたまま知らぬ存ぜぬの厚顔だ。

 

 年金関係の閣僚を経験した野党議員の追及も話にならない低いレベルであり、発言内容と政権執行能力とのギャップは埋めきれないほど深い溝がある。在任中は非協力的等反対者を非難する姿勢だけが目立ったものだ。
 新政権はこうした社会秩序を乱す勢力に操られた前政権が行ったあらゆる行政機構内部の歪を取り去らなければ、仕掛け爆弾として存在したままの危険な体質を温存することとなる。

 

 日本の国益を高める政策を進める際の手枷、足枷として欧米の意図を受けたマスコミの集中攻撃に遭遇する閣僚や政治家が出かねない。 
 意図的に有能な人材の力をスキャンダル等で組織から削ぐといった手法は「ロッキード事件」や橋本首相時代に日米貿易摩擦
のこう着状態で日本が米国債を所有し米国経済を陰で支えている実態から、米国債を売る意図をメディアに発言したちょくごん中国人女性のハニートラップのごときスキャンダルが日本の雑誌に掲載され、首相の地位を追われたことなど数えればきりがないことだ。

 
 日本の経済人や評論家、タレントも欧米の権益を維持するための代理人とも呼べる信奉者が多く、その発言は日本国のためではなく、欧米の権益を守る意図がある者が多いことに気づくべきだろう。

 そもそも、TVなどの視覚を利用して大衆扇動により意のままに国民を操る手法は第二次世界大戦の敗戦で占領軍(GHQ)が諜報機関を総動員して日本の新聞、雑誌を検閲して日本国民の意識に反米感情が根付かないようにした戦略の延長線にある。

 
 
    
 
  

« ソロモン諸島でM7.1の地震発生 | トップページ | 麻生太郎財務相の発言で円買いが強まった? »

One MileStone」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/56726277

この記事へのトラックバック一覧です: 円安の恩恵ない(米国ホンダ):

« ソロモン諸島でM7.1の地震発生 | トップページ | 麻生太郎財務相の発言で円買いが強まった? »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ