« 2月のユーロ圏総合景気指数(速報値) は低下した。 | トップページ | フィラデルフィア地区の2月の製造業景況指数は2カ月連続で活動縮小 »

2013.02.22

株価上昇を見込むポジションを減らしショート・ポジションを増やした

 2008年9月に
   リーマン・ブラザーズ・ホールディングス
が経営破たんする前から同社株を空売りしていたことで知られるヘッジファンド運用者の
   デービッド・アインホーン氏
が会長を務める
   グリーンライト・キャピタル再保険
が主催した20日の電話会議で、米国株式相場が5年ぶり高値を付ける一方で
   経済成長が止まった
ため、われわれはロング・ポジション(買い持ち)で利益を得ており、株価上昇を見込むポジションを減らしショート・ポジション(売り持ち)を増やしたと語った。

 

 アインホーン氏によると、ポートフォリオに占めるロング比率はショート比率を年初時点で0.39ポイント上回っていたが、1月末時点ではその差は0.29ポイントに縮小した。

 なお、グリーンライト再保険が昨年、ロング・ポジションを取って利益が出た銘柄には
   アップル
   ゼネラル・モーターズ(GM)
   スプリント・ネクステル
が含まれるという。

 グリーンライト再保険のポートフォリオの昨年のリターンはショート・ポジションが昨年の運用成績に打撃を与えたためプラス7.1%にとどまり、米国株や社債の買いに出遅れているようだ。 

       

       ↓ 参考になったらクリックをお願いします。 ↓ 

   人気ブログランキングへ  にほんブログ村 為替ブログへ  

 

ひとこと
 相場の流れを読む場合、時として思うがままに読みと流れが一致することがある。ただ、これも常にかといえば、少しずつ歪が出てきてしまうことも多い。
 相場観が相場の流れから乖離していることに気づくのが遅れ破滅する相場師は過去幾多もあった。
 常勝将軍などの末路は世間に知られないまま消えていく哀れな人が多いのも事実た。
 やはり、勝つことで驕りが出てしまうのだろう。
 お金の額が大きくなれば損害も大きくなることが多いため、大半を失った場合の再起は不可能となり失意のうちに市場から消えてしまっている。
 名も無き投資家でも、驕りは禁物だ。
 

 
   

« 2月のユーロ圏総合景気指数(速報値) は低下した。 | トップページ | フィラデルフィア地区の2月の製造業景況指数は2カ月連続で活動縮小 »

要人発言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/56814680

この記事へのトラックバック一覧です: 株価上昇を見込むポジションを減らしショート・ポジションを増やした:

« 2月のユーロ圏総合景気指数(速報値) は低下した。 | トップページ | フィラデルフィア地区の2月の製造業景況指数は2カ月連続で活動縮小 »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ