« 1月の韓国経常収支は過去最大の+65.2億ドル | トップページ | アレルギー性ショック »

2013.02.28

イタリア総選挙後、政局不透明感は残るが緊縮財政派は縮小する動き

 イタリア中道左派連合の一角を占める
   左派環境自由党(SEL)
のベンドラ党首は27日、中道左派を率いる
   ベルサニ民主党(PD)書記長(党首)
との会談後、「大連立はない」と言明し
   中道右派との連立を拒否
する立場を示した。

 ベンドラ氏はイタリア総選挙で大躍進した
   「五つ星運動」
を率いる風刺喜劇役者のグリッロ氏が右派政権を拒否することを望むとし、イタリアに
   「電気ショック」を与える政権
を確立する必要があると訴えた。

 

 グリッロ氏はこれまでに、既成政党主導の政権を支持しない考えを示しているが
   個別の法案は支持
する可能性があると述べている。

 グリッロ氏は自身のブログで、下院で過半数を確保した中道左派連合の民主党を率いるベルサニ書記長(党首)を
   死者が話している
と表現したうえで、世論調査ほど選挙結果が振るわなかった責任を取って辞任すべきだった述べるなど中道左派の指導者を批判している。

 グリッロ氏はツイッターで民主党や他のどの勢力にも
   信認票を投じることはない
が、自身が率いる勢力のプログラムを反映した法案に(賛成)票を投じていくと述べた。

 また、ベルサニ氏が選挙戦で五つ星運動に否定的な発言を繰り返したと指摘しており
   われわれの支持を求めるのはごう慢だ
と野見解を示した。
 グリッロ氏の発言を受けて、ベルサニ氏は
   新議会に登院して自身の責任を果たす
べきだと述べた。

 

       ↓ 参考になったらクリックをお願いします。 ↓ 

   人気ブログランキングへ  にほんブログ村 為替ブログへ  

 

ひとこと
 「五つ星運動」のグリッロ氏の発言から考えれば経済拡大のため、緊縮財政を止める勢力に協力する部分では閣外協力といったところだ。失業率が高く社会秩序が崩壊する足音が聞かれる中での選挙でありユーロの価値が低下する可能性もまだ残っている。

 緊縮財政に疲れ果てた国民の支持を受けたのは明らかだ。

 ただ、過去の右派の政策が上手くいかず景気を失速させてしまったことを批判する勢力でもあり、右派の思考に似ているが連合を組むことは出来ないのだろう。

 
 

« 1月の韓国経常収支は過去最大の+65.2億ドル | トップページ | アレルギー性ショック »

要人発言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/56855945

この記事へのトラックバック一覧です: イタリア総選挙後、政局不透明感は残るが緊縮財政派は縮小する動き:

« 1月の韓国経常収支は過去最大の+65.2億ドル | トップページ | アレルギー性ショック »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ