« 北朝鮮に核実験の取り止め を説得(中国) | トップページ | 集団的自衛権に「中国刺激」と米側が難色 »

2013.02.03

太陽両極の磁場異変を確認 地球の温暖化より寒冷化を心配すべきだ!!

 国立天文台と理化学研究所などの研究チームは
   太陽観測衛星「ひので」
が昨年9月に行った太陽極域の磁場観測の分析結果を発表した。
 今回は昨年4月に行った
   太陽の磁場反転
に関する研究発表の、その後の状況について報告したもので太陽の北極域では磁場がマイナス極からプラス極へ反転する現象が急速に進んでいるという。

 一方、南極域の磁場は依然としてプラス極のまま変化が少ないことを確認した。

 

 次の太陽活動の極大期は半年ほど後ろにずれ込んで、今年秋ごろになるとみられ、その時の平均相対黒点数は69と予想される。

 これは、過去100年で最低の極大期黒点数であり、当面
   太陽活動は低調に推移
するものと考えられるという。

 太陽活動の異変は、地球が寒冷期となった
   マウンダー極小期(1645~1715年ごろ)
やダルトン極小期(1790~1820年ごろ)に似ているとも言われる。

 
 

 長年の観測研究によると、太陽では約11年周期で同時に両極の磁場が反転する現象がみられた。
 次の2013年5月の太陽の黒点数が最大になる太陽活動の極大期と同時に、北極がプラス極へ、南極はマイナス極へ反転すると予測されていた。

 ところが昨年1月の「ひので」の観測で、北極では約1年も早く反転に向けて磁場がゼロ状態となり、南極では反転の兆しが見られないことが分かった。

 その結果、北極と南極がともにプラス極となり
   赤道付近に別のマイナス極
ができるような、太陽全体の磁場が「4重極構造」になる可能性が指摘されていた。 

       

       ↓ 参考になったらクリックをお願いします。 ↓ 

   人気ブログランキングへ  にほんブログ村 為替ブログへ  

 

ひとこと
 地球の温暖化は太陽の活発化が最大の要因であり、CO2の発生量なども地球に降り注ぐ太陽からの熱や光の影響が強く出た結果、対気温が上昇したに過ぎない。そもそも、気温が高くなれば海洋における植物プランクトンの大幅な増殖作用で大気中のCO2が吸収される可能性もある。
 温暖化は旱魃という害もあるが、温暖化領域が広がることで食物生産の拡大が引き起こされる。

 太陽活動の低下は、地球の寒冷化につながり食物の生産が低下し、飢餓を生みかねない。
 日本で強く寒冷化したのは江戸時代が記録では大きかったようで餓死等で大きな被害が出た。
 明治維新後では昭和の大恐慌時に東北地方で飢饉が起きている。

 英国を中心とした地球温暖化という利権を作り上げCO2ビジネスで一山上げようとしデータも捏造するなどの行為で実態の通知をへし曲げるなどした学者等の口車にいつまで日本の政治家やマスコミはのせられているのだろうか。

 環境保護派を称する市民団体の胡散臭さを考える必要があるだろう。
 自然保護を称するのであれば、電力や化石化燃料を使うのを止めれば良い。

 こうしたエネルギーを使わなくて生きていくことは出来ないだろう。移動手段も自らの足を使って動くだけで車や電車、飛行機などを使わずに生活できるかどうか...

 勝手気ままに発言する環境保護派の生活実態は矛盾ばかりのものが多いだろう。

 

    

« 北朝鮮に核実験の取り止め を説得(中国) | トップページ | 集団的自衛権に「中国刺激」と米側が難色 »

One MileStone」カテゴリの記事

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/56691183

この記事へのトラックバック一覧です: 太陽両極の磁場異変を確認 地球の温暖化より寒冷化を心配すべきだ!!:

« 北朝鮮に核実験の取り止め を説得(中国) | トップページ | 集団的自衛権に「中国刺激」と米側が難色 »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ