« 米政府の財政負担などを分析した報告書 | トップページ | NY時間 インフレ抑制で緩和継続観測で米ドルが対ユーロ下落 »

2013.03.15

日銀の正副総裁人事案が15日、参院本会議で可決

 安倍晋三政権が提示した日本銀行総裁にアジア開発銀行(ADB)総裁
   黒田東彦氏
を充てることを含む正副総裁人事案が15日、参院本会議で可決され、同意済みの衆院を含めた国会での承認が得られた。

 

黒田新総裁の率いる日銀は新体制で、安倍首相の主張する
   次元の違う大胆な金融政策
を推し進める。
 なお、副総裁には
   岩田規久男学習院大学教授
   中曽宏日銀理事
を起用する案も承認された。

 

 金融・財政・成長戦略の「3本の矢」で構成される首相の
   経済政策「アベノミクス」
で、金融政策を担う体制が20日に一新されることとなる。

 昨年12月末に政権を獲得した安倍首相は日銀の対応を批判
   次元の違う強力な経済政策
でデフレから脱却すると強調して黒田氏を総裁に推した。

 

 国会での所信聴取で、黒田氏は日銀の
   物価目標2%
の早期実現を目指す意思を強調したうえで
   量的、質的に大胆な金融緩和
をしていくと述べた。

 白川方明総裁の下で日銀は金融緩和を進めたが、デフレは是正できなかった。 

 

ひとこと
 評論家のごとく単に口先で経済の動きを論じるのが日銀総裁の役目ではなく、日本経済を発展させ,国益を高めるのが責務だろう。過去の日銀総裁の行動は問題があったのは明らかだ。

 

       

       ↓ 参考になったらクリックをお願いします。 ↓ 

   人気ブログランキングへ  にほんブログ村 為替ブログへ  

 

  
     


  
  
  

« 米政府の財政負担などを分析した報告書 | トップページ | NY時間 インフレ抑制で緩和継続観測で米ドルが対ユーロ下落 »

One MileStone」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/56960534

この記事へのトラックバック一覧です: 日銀の正副総裁人事案が15日、参院本会議で可決:

« 米政府の財政負担などを分析した報告書 | トップページ | NY時間 インフレ抑制で緩和継続観測で米ドルが対ユーロ下落 »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ