« ルー財務長官が4月に欧州訪問 | トップページ | 北朝鮮が開城工業団地を閉鎖(朝鮮中央通信 ) »

2013.03.30

利下げは経済に有益とならず 成長よりもインフレ招く可能性(ロシア中銀副総裁)

 ロシア中央銀行の
   シュベツォフ副総裁
は29日、現時点で利下げは経済にとって有益ではなく
   成長よりもインフレを促進
する可能性が高いとの見解を示した。

 ロシア中央銀行では4月2日に金融政策会合を開催するが
   大幅な景気減速
を受けて政策緩和への政治的な圧力に直面している。

 現状、7%を上回っているインフレがまず低下する必要があると主張している。  

 

シュベツォフ副総裁は、効果的な経済成長モデルを選ぶのは政府次第だと指摘し、金融政策がタイトだとする批判をはねつけた。

 経済会議でロシア政府の政策がなければ、利下げがロシア経済にとって有益だと考えるのは賢明ではないと述べた。

 中銀の見解ではロシアの経済成長率は潜在成長率と一致しており、金融政策に景気を押し上げる余地はないとしている。  

 金融政策の緩和はおそらく成長よりもインフレを招くことになるだろうと述べ、ロシアの金利水準は実質ベースでは競争的だとの見解を示した。

 

 ただ、副総裁の発言は、経済発展省の
   クレパチ次官
が同じイベントで
   ビジネスの観点
からすると、ロシアの
   金利は非常に高く、非競争的
だ示した見解とは矛盾したものとなった。  

 ただ、景気支援に向けたより積極的な介入を支持する経済発展省は、保守的な金融・財政政策スタンスを取る中銀や財務省としばしば対立してきた。

 

 

ひとこと
 ロシア経済の基本には資源輸出関連産業が大きなウェイトを占めており、開発には低利の資金が必要なのは言うまでもないことだ。ただ、ルーブルの価値が低下すれば国内の消費産業の育成が進んでいないため、多くは海外からの製品の輸入に依存している。このため輸入物価が上昇しインフレが高まることが懸念されており、どちらを優先するかは難しい問題だろう。

 国内産業の育成を優先していくためには低利の資金が当然必要だが、資材等国内で調達できない製品の価格が上昇してしまう。 

 

       ↓ 参考になったらクリックをお願いします。 ↓ 

   人気ブログランキングへ  にほんブログ村 為替ブログへ  

  
 
    

« ルー財務長官が4月に欧州訪問 | トップページ | 北朝鮮が開城工業団地を閉鎖(朝鮮中央通信 ) »

要人発言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/57064931

この記事へのトラックバック一覧です: 利下げは経済に有益とならず 成長よりもインフレ招く可能性(ロシア中銀副総裁):

« ルー財務長官が4月に欧州訪問 | トップページ | 北朝鮮が開城工業団地を閉鎖(朝鮮中央通信 ) »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ