« 北朝鮮への経済制裁決議履行を指示 関係機関に...(中国) | トップページ | 中国 1-2月のスポーツ型多目的車(SUV)を含む乗用車販売台数 »

2013.03.13

インフルエンザの抑制物質を発見

 秋田大学大学院医学系研究科の
   今井由美子 教授
を中心とする研究グループはインフルエンザが重症化する過程を調べたところ、魚の油に含まれる
   ドコサヘキサエン酸
が化学変化した
   「プロテクチンD1」
という物質が、インフルエンザウイルスの増殖を抑えるとともに、症状が悪化したときの治療にも効果があると発表した。


 

 実験では重症のインフルエンザのマウスにこの物質と従来の抗ウイルス薬を投与したところ、抗ウイルス薬のみのマウスよりも生存率が上がったことを確認、症状が悪化したときの治療にも効果があると判断した。

 なお、インフルエンザは重症化するとタミフルなどの抗ウイルス薬が効きにくくなり、有効な治療方法の開発が課題になっていた。

 今後、重症のインフルエンザの治療薬の開発などが期待される。

 

 

ひとこと
 人が老化することは人の体が酸化することだとも言われる。抗酸化物質の摂取はストレスや酸化物の摂取が増えている人には必要だ。インフルエンザが重症化するというのも体が酸化して体質が変わった状態なのだろうか。人にとって害のなる微生物等への抵抗力を高めるためにも抗酸化物質を摂取することが重要ということなのかもしれない。

 

      

       ↓ 参考になったらクリックをお願いします。 ↓ 

   人気ブログランキングへ  にほんブログ村 為替ブログへ  

 

 
   

« 北朝鮮への経済制裁決議履行を指示 関係機関に...(中国) | トップページ | 中国 1-2月のスポーツ型多目的車(SUV)を含む乗用車販売台数 »

新型インフルエンザ など」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/56944690

この記事へのトラックバック一覧です: インフルエンザの抑制物質を発見:

« 北朝鮮への経済制裁決議履行を指示 関係機関に...(中国) | トップページ | 中国 1-2月のスポーツ型多目的車(SUV)を含む乗用車販売台数 »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ