« フォークランド諸島の石油開発で英国とアルゼンチンが火花 | トップページ | アナスタシアディス大統領 銀行再開時の国民の対応に謝意 »

2013.03.29

イタリア民主党は組閣断念 政界の混迷からリスク回避の円買い進行

 イタリアでは2月の総選挙で過半数を代表する政党がなく、組閣が出来ない状況が続いており、ナポリターノ大統領が次期首相を要請した民主党の
   ベルサニ党首
が議会で必要な支持を取り付けられず組閣を断念した。

 

 

ひとこと
 ベルサニ党首とナポリターノ大統領は28日、ローマの大統領官邸で会談した。
 会談後、マッラ幹事長は政治制度の枠組みの中で可能性のある展開を、大統領が自ら模索することになると述べた。
 なお、少数政党が乱立して政権が作られるまでの2年近くも掛かったベルギーなどの例もある欧州であるが、民主主義が成熟すればこうした利害の対立が起こることもありえる。

 個人の要求は複雑であり、日本のように「国民目線」などといった基準が行政機関に持ち込まれれば、利害の対立が裁判所など司法の場に持ち込まれないまま、方向が決められるという法治国家というより政治家に左右される人治国家になってしまい独裁政治に移行しかねない。
 
 こうした人治国家では激しい権力闘争が起こるリスクは高く、極めて危険な環境が形成されていくことになりかねない。
 
 

 

       ↓ 参考になったらクリックをお願いします。 ↓ 

   人気ブログランキングへ  にほんブログ村 為替ブログへ  

  
 
   
   
    

« フォークランド諸島の石油開発で英国とアルゼンチンが火花 | トップページ | アナスタシアディス大統領 銀行再開時の国民の対応に謝意 »

One MileStone」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/57056361

この記事へのトラックバック一覧です: イタリア民主党は組閣断念 政界の混迷からリスク回避の円買い進行:

« フォークランド諸島の石油開発で英国とアルゼンチンが火花 | トップページ | アナスタシアディス大統領 銀行再開時の国民の対応に謝意 »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ