« 棄権の代償 として政策上の譲歩を求める可能性 | トップページ | キプロス支援パッケージ 3月後半での政治的承認を目標 »

2013.03.05

FRBの積極的な金融刺激 は正当化されるとの認識

 米国連邦準備理事会(FRB)の
   イエレン副議長
は4日、講演で米国の経済活動において雇用は最大水準から大きくかけ離れており
   多くの米国民に多大な負担
をかけると同時に、著しい社会コストを示していることを踏まえれば、景気低迷が長期化すれば、向こう何年にもわたり経済の潜在的な生産能力に打撃を与える恐れがあるためFRBの
   積極的な金融刺激
は正当化されるとの認識を示した。  

  

 FRB内では、異例の
   緩和政策による潜在コスト
を懸念する声も高まっているものの、こうした懸念を重要視せず、景気低迷の長期化によるリスクを強調した。    

 なお、失業率については、2014年末までに7%付近まで緩やかなペースでしか低下しないとFRB当局者は想定していると述べた。

 2つの責務達成に向けた強力な取り組みが不十分な場合、コストとリスクを伴うと続け、現時点でリスクに対するバランスは引き続き、一段と力強い景気回復および雇用の伸び加速を支援するため、極めて緩和的な金融政策を求める方向にあると考えると語った
 
 
 
ひとこと

 景気回復の流れが長期間にわたり起こっていない状況では鋭角に景気回復のシグナルを確認するまでは景気刺激策を緩めることは、これまでの対応を無にしてしまうものだ。

 

       ↓ 参考になったらクリックをお願いします。 ↓ 

   人気ブログランキングへ  にほんブログ村 為替ブログへ  

 
  
   

« 棄権の代償 として政策上の譲歩を求める可能性 | トップページ | キプロス支援パッケージ 3月後半での政治的承認を目標 »

要人発言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/56890384

この記事へのトラックバック一覧です: FRBの積極的な金融刺激 は正当化されるとの認識:

« 棄権の代償 として政策上の譲歩を求める可能性 | トップページ | キプロス支援パッケージ 3月後半での政治的承認を目標 »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ