« 米国民の資産が増加したことで米ドルの価値が急回復 | トップページ | 中国 2月の貿易収支は152億5000万ドルの黒字 »

2013.03.08

為替レートに関する欧米の意識

 国際金融協会(IIF)は7日発表した資本市場に関するリポートで、日本など世界の主要国は通貨戦争のリスクを減らすため
   政策面で協調
し、為替レートを政策目標にすることは避ける必要があると指摘した。

 このなかで、日本は積極的な金融緩和に向かっているが、そうした方針は各国間の明確な政策協調が必要だとの見解を示した。
 中でも為替レートの目標を設定しないという各国のコミットメントは重要になるとし、そうしなければ、リスクは明らかとなる。
 不用意にも『通貨戦争』に突入してしまうと結論付けた。

 これまで、主要7カ国(G7)や20カ国・地域(G20)は、為替レートを目標にすることを回避する姿勢を表明しており、IIFも今回のリポートでそうしたスタンスを支持した格好となる。

 

リポートでは、世界経済の主な不確実要因として
   日本の取り組み
のほか、明確な勝者の出なかった
   2月のイタリア選挙
   米連邦予算削減
   中国の不動産価格上昇および信用の伸び
を挙げた。

 景気回復策が起これている国の中央銀行が必要以上に長く刺激策を実施しないよう注意を促した。 

   
  

ひとこと
 日本の中小金融機関の保有する国債の暴落で融資資金が硬直化する可能性がありリスクとして注意すべきだ。

 

   

       ↓ 参考になったらクリックをお願いします。 ↓ 

   人気ブログランキングへ  にほんブログ村 為替ブログへ  

 

 

   
 
  

« 米国民の資産が増加したことで米ドルの価値が急回復 | トップページ | 中国 2月の貿易収支は152億5000万ドルの黒字 »

One MileStone」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/56910902

この記事へのトラックバック一覧です: 為替レートに関する欧米の意識:

« 米国民の資産が増加したことで米ドルの価値が急回復 | トップページ | 中国 2月の貿易収支は152億5000万ドルの黒字 »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ