« アノニマス 北朝鮮の工作員名簿を公開 | トップページ | 北朝鮮が新たなミサイル発射実験の実施に踏み切ったとしても驚かない(米国) »

2013.04.06

米国経済 日は沈みつつあるわけではないが、夕暮れ時の雰囲気はある

 米国の大手投資会社
   パシフィック・インベストメント・マネジメント(PIMCO)
創設者兼共同最高投資責任者(CIO)であり、米国の運用業界で債券王と称される
   
ビル・グロース氏
は、5日、3月の雇用統計発表後ブルームバーグラジオのインタビューで、今年の米国の経済成長が1、2四半期で加速することはあっても『ニューノーマル』経済で期待できるのは
   年間成長率が2%
であり、「日は沈みつつあるわけではないが、夕暮れ時の雰囲気はある」ため、これを上回ることはないとの見方を示した。

 

 エネルギーや住宅の分野で見通しが改善しており、経済もその恩恵を受ける可能性があると指摘した。

 ただ、これらの分野の効果は良くても1、2四半期にとどまるとの見解を示した。

 
 

  このほか、投資すべきだった対象に資金が投じられていないと判断しており
   世界の総需要が不足
する不透明な環境であり、民間セクターは投資に消極的になっていると説明した。

 

 

ひとこと
 財政支出抑制が過度に行われてきたことが日本経済を疲弊させてしまった。本来国内に投資すべき資金を薄利で海外の国際資本に利用させたことで、ここ10数年の評論家のごとき体たらくな日銀総裁が相次いだ結果との相乗作用で意図的な円高を可能させ、国内企業の海外進出を加速させたことで、資金が国内に回らず、国内産業が疲弊してしまった。

 円高の影響から薄利多売が「善」と思い込ませ、安物買いの銭失いのごとき短期消費型の商品が巷に溢れ帰り、消費文化が薄く拡がった社会を形成してしまった。

 ブランド戦略が遅々として進まなくなり、商品価値以上に下駄をはかせメディアやタレントを駆使して消費者心理を煽る海外ブランド戦略の掌に乗せられ、思うがままに利益を吸い上げる構造が出来上がった。

 単純思考でヒステリックに反応する国民の増加を促すようマスコミの報道は過激になっており、揺り戻しの反動がおき始めている。

 

 

        ↓ 参考になったらクリックをお願いします。 ↓ 

   にほんブログ村 為替ブログへ 人気ブログランキングへ  

     
  
    

« アノニマス 北朝鮮の工作員名簿を公開 | トップページ | 北朝鮮が新たなミサイル発射実験の実施に踏み切ったとしても驚かない(米国) »

要人発言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/57114522

この記事へのトラックバック一覧です: 米国経済 日は沈みつつあるわけではないが、夕暮れ時の雰囲気はある:

« アノニマス 北朝鮮の工作員名簿を公開 | トップページ | 北朝鮮が新たなミサイル発射実験の実施に踏み切ったとしても驚かない(米国) »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ