« 利食いと損切りのテクニック | トップページ | 週内に北朝鮮が核実験とミサイル発射実験を同時に行う可能性 »

2013.04.08

2月の経常収支は 6374億円の黒字

 財務省が8日に発表した2月の経常収支は
   6374億円の黒字
となった。

 なお、貿易・サービス収支は7306億円の赤字となり11カ月連続で赤字となったものの、所得収支の黒字幅拡大が収支全体の黒字化を支えた。

 景気後退に伴う中国や欧州向けの輸出が減少する一方、燃料を中心に輸入が増加する構図に変化はなかった。

 

経常黒字は4カ月ぶりだが、前年同月に比べると黒字幅は47.0%減とほぼ半減している。

 

季節調整済の経常収支は1億円の赤字と、5カ月ぶりに赤字へ転落した。

 

 直接投資に占める配当金・配分済支店収益の支払いが減少し
   証券投資の配当金
   債券利子の受け取り
が増加したことなどが寄与した。

 貿易・サービス収支は。経常収支上の貿易収支が
   6770億円の赤字
と、昨年2月の953億円の黒字から一転して赤字へ転落した。

  

 季節調整済み経常収支が赤字となるのは、比較可能な96年以降で昨年9月に続き2度目だった。

 財務省では、2月の営業日数の少なさが季節調整の過程で、赤字幅を広げる影響を及ぼしたと説明している。

 

 

ひとこと
 円安が進めばエネルギーの価格が厳守しない限り、国内経済が疲弊していってしまいかねない。

 輸入物価の上昇を吸収できるだけの余力が国内企業に過去のように残っているか疑問がある。デフレ経済が長期に及び、企業体質で贅肉を落としすぎた結果だ。内部留保として現金等で資金を確保しているとしてもインフレ傾向が強まり資材が上昇しかける場面では対応が出来ないだろう。こうした資材等の上昇を賃金抑制するような動きが出れば消費が冷えてしまい、スタグフレーションに陥りかねない。

 また、景気回復の足取りが内需拡大で強まれば、賃金上昇圧力が高まり、労働力の移動が始まるだろう。

 

        ↓ 参考になったらクリックをお願いします。 ↓ 

   にほんブログ村 為替ブログへ 人気ブログランキングへ  

  
 
 

« 利食いと損切りのテクニック | トップページ | 週内に北朝鮮が核実験とミサイル発射実験を同時に行う可能性 »

One MileStone」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/57131064

この記事へのトラックバック一覧です: 2月の経常収支は 6374億円の黒字:

« 利食いと損切りのテクニック | トップページ | 週内に北朝鮮が核実験とミサイル発射実験を同時に行う可能性 »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ