« 武大偉朝鮮半島問題特別代表が来週訪米 | トップページ | ワシントン 20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議の声明 »

2013.04.19

日本のデフレから抜け出すための行動には理解を示す必要(フィッシャー総裁)

      ワシントンを訪れているイスラエル中央銀行の
   フィッシャー総裁
は、18日、ブルームバーグテレビジョンのインタビューに応じ、日本はこれまで長い間ずっとそうだったように病んでおり、そのような状況から抜け出すための行動には理解を示す必要があると述べ
   デフレ脱却
に向けた日本の取り組みを支持し
   他の諸国が批判を控えること
を提言した。

 

     フィッシャー総裁は日銀の景気刺激策は
   正しい方向にあることは確か
なもののだが、効果のほどを予想するのは難しいと語った。

 日本の行っている経済策はわれわれ皆が見守っている実験だと付け加えた。   

 
 

 日本銀行は4日、長期国債を
   毎月7兆円強
を買い入れるなどとした大規模な緩和策を発表した。

 

その後、円は主要16通貨全てに対し下落している。

 

 米国財務省は議会に12日提出した為替報告書で、日本に対して
   通貨安競争の回避
を求める方針を示している。

« 武大偉朝鮮半島問題特別代表が来週訪米 | トップページ | ワシントン 20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議の声明 »

One MileStone」カテゴリの記事

コメント

私は、日本はデフレから脱却することが全てだと考えていました。
1994年にゼロ金利にしても、経済が上向かない状態は正常な状態でないと、金融のプロなら気が付かないといけません。
日銀の幹部にそうした人材がいなかったのです。
2〜3%程度のインフレ率に保てば、民法第404条の一般近隣の5%や商法第514条の商事金利の6%が実現します。元々、厚生年金等の長期金利は5.5%を基準に計算されていました。
年金や保険が、こんな金利でうまくいく訳がありません。
こんなことも知らずに経済政策を作っています。それほど人材がいなくなっています。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/57205805

この記事へのトラックバック一覧です: 日本のデフレから抜け出すための行動には理解を示す必要(フィッシャー総裁):

« 武大偉朝鮮半島問題特別代表が来週訪米 | トップページ | ワシントン 20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議の声明 »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ