« 日本が昨年6月末時点で世界最大の米国の証券保有国(財務省 米) | トップページ | 月額850億ドル(8.3兆円) の資産買い入れ継続を発表 »

2013.05.01

債券購入を年内に月500億ドルに縮小?

 米国連邦準備制度理事会(FRB)の
   バーナンキ議長
はエコノミスト予想で市場からの債券購入規模を現行の
   毎月850億ドル(約8兆2700億円)
から10-12月(第4四半期)に500億ドルに縮小する公算が大きいと見られている。

 
 

 JPモルガン・チェースの米国担チーフエコノミストで元FRBエコノミストの
   マイケル・フェロリ氏
は最初の縮小が金融引き締めサイクル  の始まりだと誤解されるという心配があると説明している。

 まず、毎月500億-600億ドルに減らし、2回目の縮小で300億ドルに圧縮した上で債券購入を中止す るのが影響を見極める助走として十分だろうと語った。        

 FOMC が2日間の討議を終える米東部時間1日午後2時(日本時間2日午前3時)に声明を発表する予定。ブルームバーグがエコノミスト47人を対象に4月25-29日に実施した調査では、今週のFOMCで購入ペース変更が決まると予想した人はいなかった。      

 
 

 ドイツェ・バンク・セキュリティーズの米国担当チーフエコノミストで元FRBエコノミストだった
   ジョゼフ・ラボーニャ
は、無期限の債券購入プログラムを終了することはFRBにとって
   未踏の 領域だ
と指摘した。

 債券購入を約3分の1減らすことでFRBは経済や投資家の反応を測ることが可能になる。
 経済が上向けばFRBは購入縮小を継続できる。

 一 方、金利が上昇し経済成長を脅かせば、当局は緩和策を延長する可能性がある。    

 両氏はFRB当局は金利の急上昇を招かない形で景気回復への自信を示すため
   購入ペースを緩める方法
を見いだす必要があると指摘している。

 
 

 連邦公開市場委員会(FOMC )は
   債券購入の縮小
に向けて3段階の戦略を取る可能性が高いという。  

 
 

ひとこと
 金融市場疑心暗鬼が強まらないようなプロセスでバルブ解放状態を閉めることが必要だ。
 これまでの市場介入を抵抗なく解除していくことが重要なのは明らかだ。

 

       ↓ 参考になったらクリックをお願いします。 ↓ 

   人気ブログランキングへ  にほんブログ村 為替ブログへ  

 

 

« 日本が昨年6月末時点で世界最大の米国の証券保有国(財務省 米) | トップページ | 月額850億ドル(8.3兆円) の資産買い入れ継続を発表 »

One MileStone」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/57288473

この記事へのトラックバック一覧です: 債券購入を年内に月500億ドルに縮小?:

« 日本が昨年6月末時点で世界最大の米国の証券保有国(財務省 米) | トップページ | 月額850億ドル(8.3兆円) の資産買い入れ継続を発表 »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ