« 5月ユーロ圏景況感 景気改善の兆し 89.4に上昇 | トップページ | 実質国内総生産(GDP)改定値は速報値から下方修正 »

2013.05.30

鉱山会社は設備投資拡大を計画 しており、豪中銀の利下げ観測が後退

  豪統計局の30日発表によると、2013-14年度(13年7月-14年6月)の豪企業の設備投資見通しは
   1565億豪ドル(約15兆2900億円)
と、3カ月前の予想から3.4%引き上げられた。

 

これを受けてトレーダーの間では、オーストラリア準備銀行(中央銀行)が来週、過去最低水準にある政策金利をさらに引き下げるとの観測が後退している。

 13-14年度の鉱山投資は1019億豪ドルが見込まれている。
 なお、3カ月前の予想は992億豪ドルだった。

 

 豪政府は先週、1500億豪ドル規模のプロジェクトが中止あるいは延期されたことを受け、資源投資ブームはピークを迎えた可能性があると指摘していた。

 

 別途発表された4月の住宅着工許可件数は
   前月比+9.1%
に増加した。

 金利スワップ取引の動向からは豪中銀が来週、利下げするとの観測が後退していることを示している。

 

 なお、豪中銀はこの1年7カ月で政策金利を計2ポイント引き下げた。 

 

  
ひとこと

 資源開発は長い時間と費用が投入されるものだ。

 

 

       ↓ 参考になったらクリックをお願いします。 ↓ 

   人気ブログランキングへ  にほんブログ村 為替ブログへ  

 

 

« 5月ユーロ圏景況感 景気改善の兆し 89.4に上昇 | トップページ | 実質国内総生産(GDP)改定値は速報値から下方修正 »

One MileStone」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/57490918

この記事へのトラックバック一覧です: 鉱山会社は設備投資拡大を計画 しており、豪中銀の利下げ観測が後退:

« 5月ユーロ圏景況感 景気改善の兆し 89.4に上昇 | トップページ | 実質国内総生産(GDP)改定値は速報値から下方修正 »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ