« NY時間 甘利再生相の発言で円相場は対ドルで3週ぶり大幅高 | トップページ | 株が上がっても下がってもしっかり稼ぐ投資のルール―バイ・アンド・ホールドを超えて »

2013.05.22

量的緩和が終わる時期

 タカ派として知られる米国セントルイス地区連銀の
   ジェームズ・ブラード総裁
はフランクフルトで講演し、量的緩和として知られる債券購入は
   金融情勢を改善
させつつあることが金融市場で示唆されている。

 その上、景気の動向に基づいて調整も可能なため、継続されるべきだと指摘した。

 なお、同総裁は今年の米連邦公開市場委員会(FOMC)で投票権を持つ。

 

 

ひとこと
 シェールガス開発の浮かれた熱波は米国経済を拡大させるアクセルの役を果たしてきた。産出するエネルギーがOPECの価格操作という権益を奪うのも間もなくだろう。

 ガスは産出しかければ止めるのは難しく、パイプラインが敷設していない地域では原油のみを活用し、発生するガスは利用されないまま燃焼させて放出することが続いている。

 価格の下方硬直性が起きており、米国議会が輸出承認を認め始めた。

 

     ↓ 参考になったらクリックをお願いします。 ↓ 

   人気ブログランキングへ  にほんブログ村 為替ブログへ  

  
    

« NY時間 甘利再生相の発言で円相場は対ドルで3週ぶり大幅高 | トップページ | 株が上がっても下がってもしっかり稼ぐ投資のルール―バイ・アンド・ホールドを超えて »

要人発言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/57434227

この記事へのトラックバック一覧です: 量的緩和が終わる時期:

« NY時間 甘利再生相の発言で円相場は対ドルで3週ぶり大幅高 | トップページ | 株が上がっても下がってもしっかり稼ぐ投資のルール―バイ・アンド・ホールドを超えて »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ