« 景気後退が新興国の社会不安を煽る | トップページ | 円売りの勢いが失速 »

2013.06.24

円が98円台後半に下落、都議選圧勝でアベノミクスの継続を期待

 週明けの東京外国為替市場では午前の取引では円が下落する流れが継続した。

 

夏の参院選の前哨戦となる週末の
   東京都議会議員選
で自民、公明両党が圧勝したことから
   安倍晋三政権
の経済政策への期待があらためて強まった。

 

円は主要16通貨中14通貨に対して前週末終値比で下落している。

 

 ただ、米国のバーナンキFRB議長の発言などから景気回復に伴いインフレ傾向が高まる可能性がある米国経済の持続的な発展をサポートするため量的緩和の年内縮小の可能性が意識されている。

 

 対米ドルでは一時、1ドル=98円71銭を付け、11日以来の安値を更新した。 

 同時刻現在は98円54銭前後で取引が進んでいる。

 

 5月中旬以降、政策の内容の具体性に市場の注目があつまるなか、肩透かしを食った感のある政策発表等の影響から円が買い戻されるという調整局面の影響が懸念されていた。

 

 地方選挙で大勝した勢いを背景として政権基盤が安定することにより、消費増税のほか、期待されている法人税減税も含めて安倍政権の政策の実現性が高くなるという判断がある。

 

 日本から資金を巻き上げようと手薬煉をひいて待ち構えている海外勢も基本的にアベノミクスが続くことを歓迎している。

 

 円は対ユーロでも1ユーロ=128円台前半から一時129円20銭まで下落した。
 同時刻現在は129円02銭前後で取引されている。

 
  

« 景気後退が新興国の社会不安を煽る | トップページ | 円売りの勢いが失速 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/57656044

この記事へのトラックバック一覧です: 円が98円台後半に下落、都議選圧勝でアベノミクスの継続を期待:

« 景気後退が新興国の社会不安を煽る | トップページ | 円売りの勢いが失速 »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ