« アフリカの社会インフラの整備に3兆円(ODAで1.4兆円)を出資等 | トップページ | 食器洗浄機内では温かい所を好むカビが繁殖しやすい。 »

2013.06.02

FRB「アドバイザリー・パネル」の会議で量的緩和第3弾(QE3) がもらたす危険性について警告

 米連邦準備理事会(FRB)の12地区連銀がそれぞれ1人ずつ任命する
   銀行関係者
で構成され、年に4回会合を開催している
   アドバイザリー・パネル
が毎月850億ドルの市場から債券購入を実施している、FRBの
   量的緩和第3弾(QE3)
がもらたす危険性について警告していたことが31日、明らかになった。

 

 公表された5月17日の会合の議事録によると、同パネルは現在の政策により
   システミックな金融リスク
   銀行に対する潜在的な構造上の問題
が作り出されたと指摘した。  


 

 今回の会合でもFRBの政策は
   緩慢な回復を支援
するとの認識が示されたものの、同政策が
   健全な経済成長
   雇用の伸び
に対しどれほど効果的であるかは明らかではない。

 

  FRBのバランスシートが量的緩和措置の開始以来3倍の水準に膨れ上がっていることにも触れた。
 FRBが緩和策を引き揚げる際、金融市場でどのように通常のバリュエーションが再構築されるのか不透明感が強い。
 緩和策の解除は困難になる公算が大きいとし、バランスシートの大幅な拡大により出口戦略が困難になるとの懸念も示された。

 

 なお、財政・金融政策の先行きが不透明になっていることで
   成長を押し上げる
はずの企業投資が抑制されているとの見解を示し、前回会合のような明確な支持は示されなかった。

 

 なお、前回2月の会合では、FRBの緩和的な金融政策を支持するとの立場を示していた。

 

  
  
ひとこと

 金融市場が国際資本の定期的な狩場になっていることは周知の事実だ。あらゆる出来事がこうした集団が市場から富を吸い上げる道具となっている。国家間の戦争や植民地の拡大、商品市場、株式市場などだ。そもそもFRBの設立自体が...

 イデオロギーの対立でもある自由主義と共産主義の間においても、双方から利益を吸い上げていたのは周知のことだ。

 かつて、ネイサンロスチャイルドが英仏戦争でナポレオンがワーテルローの戦いで敗退する際に英国の金融市場を握ったことや、日露戦争で日本の戦費国債をロスチャイルド等がロシアのバクー油田の利権(関連情報)を持っていた関係から裏に回り買取を拒否したため、買い叩かれて売り渡し、ロシアで戦争に勝っても仲裁では実利を得られなくされ、その後、日本経済がコントロール化に置かれたこと。ベトナム戦争でもカムラン湾の原油の確保といった目的や軍産複合体の兵器の売却などで莫大な利益をこうした集団が確保したこと。

 

 阿片戦争では中国からの製品の支払いで莫大な貿易赤字を解消するためにインドで生産した阿片をばら撒き、阿片中毒を起こさせたうえで戦争を仕掛けて帳消しにする戦略が行われるなどしている。

 

 欧米の白黒を明確にするといった思考の裏側で暗躍する勢力の思惑通りに日本経済が動かされてしまっている。行政改革・規制緩和なども同じ流れのひとつでしかない。政治家やマスコミが真実を語るのは皆無だ。

 

 イデオロギーとは別次元の力、国際資本の思惑通りに動くようにシナリオに沿った情報をコントロールされて方向付けられている。

 

 ヒトラーはユダヤ人の大虐殺を行ったが、ロスチャイルドに対しての対応は全く異なっていた。ヒトラー自体がこうした国際資本の掌に踊ったともいえる。

 また、日本の明治維新自体もロスチャイルドの支配した部門のひとつ「ジャーディン・マセソン商会」から派遣された武器商人グラバーの影響が坂本竜馬など勤皇の獅子等の思考に大きく働いた。その後、明治維新においても利権網が構築されていった。

 

 太平洋戦争も鉄鉱石や原油の対日輸出禁止をきっかけとしているが、中国南部やインドネシア等における日本企業の石油等に資源開発と国際資本支配下の企業等の開発競争での対立がきっかけのひとつにあげられる。

 

              ↓ 応援クリックをお願いします。 ↓ 

   人気ブログランキングへ  にほんブログ村 為替ブログへ  

 

 

« アフリカの社会インフラの整備に3兆円(ODAで1.4兆円)を出資等 | トップページ | 食器洗浄機内では温かい所を好むカビが繁殖しやすい。 »

One MileStone」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/57506674

この記事へのトラックバック一覧です: FRB「アドバイザリー・パネル」の会議で量的緩和第3弾(QE3) がもらたす危険性について警告:

« アフリカの社会インフラの整備に3兆円(ODAで1.4兆円)を出資等 | トップページ | 食器洗浄機内では温かい所を好むカビが繁殖しやすい。 »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ