« 経済まねきねこ GBP-米ドル 週間展望 | トップページ | 経済まねきねこ ポンド 週間展望 »

2013.06.23

中国の腐敗や不良債権の増加が世界リスクになるか?

 ロイター通信によると米国のヘッジファンド
   グランドマスター・キャピタル・マネジメント
のパトリック・ウルフ氏はモンテカルロで開催されているヘッジファンドマネジャー業界コンフェレンス
   GAIM
の合間の取材で
   中国の腐敗や不良債権の増加
がすでに危険な状態に達しており、今後株価が急落する可能性があるとの認識であることを明らかにしたという。

 

 米連邦準備理事会(FRB)の量的緩和策の縮小のことばかりが話題になっているが、中国のことはあまり気にされていないと述べた。

 

 米国は巨大な消費市場であり、アクティブな産業構造を作ってきつつあり、最も安全な投資先となっている。
 そもそも、量的緩和の縮小も景気回復とのセットでの話しであり問題はないのは周知のことだろう。

 

 だが、中国は政治的な混乱や経済格差の拡大を考えればクラッシュがいつ起きてもおかしくない。

 

 ウルフ氏は中国株をショートに、米国株をおおむねロングにしていると明らかにした。 

 
 
 

ひとこと
 米国における緩和策の縮小に対する警戒感から、ここ数週間金融市場は混乱している。

 ただ、同氏も米国経済の過熱の証拠なしにFRBが金融引き締めに動く可能性は非常に低いとの認識であり、市場の反応に対して「取るに足らない問題だと述べた。

 

 米国経済では国内への製造業の回帰が進んでおり、他国成長への依存が低くなっていく流れや住宅市場の回復、銀行セクターが十分に資本を確保していることなどで米経済の先行きは楽観視できる状況にある。

 

 ここ10年世界経済をけん引した中国経済については中国政府の覇権主義的な行動や発言が災いとなり投資資金が海外にひいてしまっており「ひどい状態だ」となっている。

 
 

 中国共産党一党独裁という政治システムは限界点を越えており、中央政権にる
   腐敗
   不適切な資本の割り当て
は権益確保を目論む共産党員やその親族の欲望から必然的に起こるものだ。

 海外に子弟を留学等で送り出し海外資産を買い漁るのは、中国が混乱するのを先読みしたリスクヘッジの不動産買いというみかたがあるのは明らかだ。

 明治時代に清朝の混乱等で多数の中国人が日本に一時亡命した歴史を見てみれば良い。

 

 中国政府は国内の製作で不動産価格の上昇を抑える目的を最重要なものとして市中金利を引き上げさせているが効果は一時的で見られず、経済格差の拡大が進み、企業間の耐力格差も拡がっている。

 中国政権では景気対策よりもインフレを押さえ込むことを優先しており銀行間金利は急騰、多くの企業は資金繰りに窮してしまった。

 資源戦略の誤りでレアアースなどの輸出を規制したことで一時的な価格急騰で、他の国の生産が拡大したり新技術の開発で使用量の大幅低下が起こった。

 

 これにより、価格は暴落し、中国のレアアース生産企業の7割が倒産・経営悪化する状態になっている。

 価格の高騰時には薬液の使用が拡大したものの廃液の処理が間に合わず河川に垂れ流し環境汚染を引起してしまっており、その対応にも四苦八苦する状態だ。

  

 モノやお金の需要と供給のバランスが崩れた場合の対応のまずさは、愚鈍ともいえる過去10年以上も前からの日銀総裁等の対応と同じだ。

 
   

« 経済まねきねこ GBP-米ドル 週間展望 | トップページ | 経済まねきねこ ポンド 週間展望 »

要人発言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/57647075

この記事へのトラックバック一覧です: 中国の腐敗や不良債権の増加が世界リスクになるか?:

« 経済まねきねこ GBP-米ドル 週間展望 | トップページ | 経済まねきねこ ポンド 週間展望 »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ