« 米国 3年債入札(発行額320億ドル)予想より低調 | トップページ | 日本経済の回復で円安が進む »

2013.06.12

メルケル独首相はECBの債券購入を支持

 ドイツのメルケル首相は11日、ベルリンで講演し欧州連合(EU)の救済措置について
   これらの手段が議論を呼ぶ
ものであることは承知しているとの認識を示し、ECBは金融の安定を確実にするために必要な措置を講じていると述べた。

 

欧州中央銀行(ECB)の債券購入計画
   「アウトライト・マネタリー・トランザクション(OMT)」
への支持を表明した。

  

 ドイツの憲法裁判所では、OMTおよび欧州安定化メカニズム(ESM)に関して起こされた複数の訴訟について11、12両日に審理する。
 なお、ドイツ政府側はOMTの差し止めを求める訴えの却下を求めている。

 

  OMTがEU法と憲法上の民主主義の原則に反していると主張する弁護士や議員らが起こした訴訟に対し
   ショイブレ独財務相
は、裁判所はECBの独立性を尊重し訴えを退けるべきだとの見解を示した。

 

また、「ECBの措置は全て、同中銀の責務の範囲内だ」と述べた。
 さらに、ドイツ国民がECBの措置に反対する訴えを憲法裁判所に起こすことはできない。

 その理由から本案の審理なしに却下すべきだと論じた。

  ドラギECB総裁は独ZDFテレビとの10日のインタビューで
   憲法裁の独立性
を完全に信頼していると述べていた。 

 

 

ひとこと
 これまでドイツはECBが市場に資金を投入する策はインフレを招き、周辺国の財政赤字の削減を強硬に主張し、支援には厳格な条件をつけて実行を要求してきた。

 だが、ドイツ総選挙が近づき、ドイツ企業が謳歌した欧州経済圏内での消費活動が政府支出の抑制で低下してきており、ドイツ企業への影響も高まってきたため、掌を返したような発言が続いている。

 ドイツの権益確保が出来たため、欧州域内から果実を取ろうとし始めたことを意味するものだ。

 また、ドイツの総選挙の時期に景気の大きな後退が起きかねないことへの対応もあるのだろう。

 

 

       ↓ 参考になったらクリックをお願いします。 ↓ 

   人気ブログランキングへ  にほんブログ村 為替ブログへ  

 

 

 

« 米国 3年債入札(発行額320億ドル)予想より低調 | トップページ | 日本経済の回復で円安が進む »

要人発言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/57573657

この記事へのトラックバック一覧です: メルケル独首相はECBの債券購入を支持:

« 米国 3年債入札(発行額320億ドル)予想より低調 | トップページ | 日本経済の回復で円安が進む »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ