« 金融当局の資産購入について 「事前に方針が決まっているわけでは決してない」 | トップページ | 米国 新規失業保険申請件数(季節調整済み) »

2013.07.18

6月の住宅着工件数(年率) 昨年8月以来の低水準

 米国商務省が17日発表した6月の住宅着工件数(年率)は
   83万6,000戸(前月比-9.9%)
となり、予想の95万9,000戸を大きく下回った。また、住宅着工許可件数は
   91万1,000件(前月比-7.5%)
となり、予想の100万件を下回り昨年8月以来の低水準となった。

  

 着工、許可件数とも予想を下回る結果となったものの、6月の減少は変動が大きい
   集合住宅が大幅に減少
したことを反映したもので、住宅市場の回復が失速したことを示唆する内容ではい。

   

 また、将来の建設につながる住宅着工許可件数も予想外の減少となり、第2・四半期の経済活動の急激な鈍化を示す形となった。

 
 
 

 1戸建て住宅の着工は
   59万1,000戸(前月比-0.8%)
となり、2012年11月以来の低水準となった。

 なお、着工許可件数は0.6%増の62万4000件となり、2008年5月以来の高水準となった。

 集合住宅の着工許可件数は21.4%減だったが、集合住宅の着工は26.2%減。

 ただ、多くの住宅建設業者は
   労働力と資材の不足
を訴えており、これが着工の減少につながった可能性もある。

 

 なお、全米住宅建設業者協会(NAHB)が16日発表した7月のNAHB/ウエルズ・ファーゴ住宅建設業者指数は
   57
と7年半ぶりの高水準となり、住宅市場の業況は改善している。


 米連邦準備理事会(FRB)の資産買い入れによって金利が低く抑えられていることから、エコノミストは、足元の住宅ローン金利の上昇が住宅市場の回復を頓挫させることはないと予想している。

 

 

       ↓ 参考になったらクリックをお願いします。 ↓ 

   人気ブログランキングへ  にほんブログ村 為替ブログへ  

 

 

ひとこと
 住宅市場、雇用、経済成長にとってポジティブな環境が作り出されてきた。長い不況で労働力が流出し技術の蓄積が薄くなってしまった。技術水準の許容ができるかどうかで労働力の逼迫が起こる。

 

 

 

« 金融当局の資産購入について 「事前に方針が決まっているわけでは決してない」 | トップページ | 米国 新規失業保険申請件数(季節調整済み) »

One MileStone」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/57813910

この記事へのトラックバック一覧です: 6月の住宅着工件数(年率) 昨年8月以来の低水準:

« 金融当局の資産購入について 「事前に方針が決まっているわけでは決してない」 | トップページ | 米国 新規失業保険申請件数(季節調整済み) »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ