« シリア情勢は緊迫化 | トップページ | プーチン大統領 米国によるシリア攻撃を牽制 »

2013.08.31

不良債権が増加 大手行、理財商品残高も(中国)

 中国の大手銀行の1~6月期決算が31日までに出そろった。

 中国の不動産価格の上昇を抑制する金利政策等を強化したことにより経済が低迷し中国銀行、中国工商銀行、中国建設銀行、中国農業銀行の大手4行は、いずれも2012年末と比べ今年6月末時点での不良債権額が増加するなど多くの銀行において不良債権額が増えたことが明らかになった。

 サブプライムローンと同様に金融マーケットの信用不安を引き起こすことが懸念される
   影の銀行(シャドーバンキング)
の代表的な財テク商品である
   「理財商品」
の残高も増えた。  

 中国の大手金融機関4行の中では
   工商銀行
の増加率が9%超で最も高く
   約818億元(約1兆3千億円)
となった。

 なお、中国メディアの集計によると、株式を上場している16行のうち12行で不良債権の比率が高まっている 

   
 

ひとこと
 サブプライムローンの信用不安による経済失速は、そもそもはアジア通貨危機で米国の投資会社LTCMが破綻し、金融機関がグリーンスパンFRB議長(当時)の要請を受けて支援した後の金利政策でバルブを締めるタイミングを逃したのがそもそもの元凶だ。

 不良債権として膨らんでいく過程で、優良債権との抱き合わせ等による金融派生商品を作りだし、世界中に売り込んだことで被害が拡大した。

 現在懸念されるシャドーバンキングの信用不安は、金融派生商品にどれだけ仕込まれているかが懸念されるが、直接的には中国だけの限定的なものでしかないだろう。

 貿易関係に影響が強く出るのは仕方のなことで、新興国であることで代わりの国が台頭するだけだ。

 中国のメリットである安い労働力が、景気後退時には大きなデメリットになる。

 人口抑制で一人っ子政策の弊害も出ており、中国経済のヤマは越え始めてきている。


 
  

          ↓ 参考になったらクリックをお願いします。 ↓ 
  
   にほんブログ村 為替ブログへ 人気ブログランキングへ  

 
 
    

« シリア情勢は緊迫化 | トップページ | プーチン大統領 米国によるシリア攻撃を牽制 »

One MileStone」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/58100669

この記事へのトラックバック一覧です: 不良債権が増加 大手行、理財商品残高も(中国):

« シリア情勢は緊迫化 | トップページ | プーチン大統領 米国によるシリア攻撃を牽制 »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ