« 医者の私が薬を使わず「うつ」を消し去った20の習慣 | トップページ | チャレンジャーを支援しよう。 »

2013.08.17

投資家の債券購入縮小予想で国債利回り上昇

 米国ダラス地区連銀の
   スタンレー・フィッシャー総裁
は16日、米経済専門ケーブル局
   フォックス・ビジネス・ネットワーク
とのインタビューで、投資家の間に
   連邦準備制度理事会(FRB)
による債券購入が縮小し、いずれ終了するとの認識が広がる中で国債利回りが上昇していると述べた。

 

 同総裁は米金融当局内で債券購入に最も批判的な幹部の1人で来年、連邦公開市場委員会(FOMC )での投票権を得る。

 

 経済指標が引き続き良好なら9月に債券購入を縮小すべきだと主張している。

 

 雇用情勢は回復しつつあり、「住宅市場は転換した」と述べた。
 このほか、米国の企業はスリム化しバランスシートが健全化したとの見解を示した。

 市場は量的緩和が無限ではないことを認識するようになった語った。

 

 景気は回復し、経済指標が改善している。

 イールドカーブ(利回り曲線)はスティープ化するだろうと続けた。

 

 来月のFOMCで債券購入縮小が決まるとの観測を背景に、米10年物国債利回りは16日、一時2.86% と約2年ぶり高水準となった。 
 
 
     

ひとこと
 インフレ傾向が出てくるということのようだ。先に手持債券を手放しポジションを良くしようと売る意図が出てきた感じ。

 思惑とおりに景気回復が進むかどうか...

 

 

         ↓ 参考になったらクリックをお願いします。 ↓ 

   人気ブログランキングへ  にほんブログ村 為替ブログへ  

 

 

 

« 医者の私が薬を使わず「うつ」を消し去った20の習慣 | トップページ | チャレンジャーを支援しよう。 »

One MileStone」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/58010955

この記事へのトラックバック一覧です: 投資家の債券購入縮小予想で国債利回り上昇 :

« 医者の私が薬を使わず「うつ」を消し去った20の習慣 | トップページ | チャレンジャーを支援しよう。 »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ