« 毎月850億ドル の債券購入を継続 | トップページ | ひと目でわかる「日中戦争」時代の武士道精神 »

2013.08.01

救済プログラム履行は順調(キプロス)

 国際債権団はキプロスが
   救済プログラム
で課された条件を順守しているが、リスクは引き続き大きく短期的な経済見通しは依然として厳しいとの認識を示した。


 欧州中央銀行(ECB)のウェブサイトに国際通貨基金(IMF)と欧州中央銀行(ECB)、欧州連合(EU)の欧州委員会で構成するトロイカは
   全体的な評価
としては、キプロスのプログラムは順調だとの声明を掲載した。

  

 キプロスは3月に100億ユーロ規模の救済を確保、現在、実施中の財政健全化措置と慎重な予算執行の結果
   すべての財政目標
は達成された。

 

 金融セクター安定のため当局は断固たる措置を取ったが
   預金制限や資本規制
は既に緩めていると指摘した。

  

 トロイカによれば、プログラムの下で同国経済が2013-14年に累積で
   13%程度縮小
するとの見通しに最近の指標は一致しており、緩やかな景気回復は15年からと予想される。

 

 

ひとこと
 キプロスの地政学的な価値は経済力だけでは測れない。英国の空軍基地があり、過去スエズ動乱時に中継基地として機能した。英国の中東支配権を維持するためには必要なものだ。NATOとしても当然必要な軍事施設である。

 

 今年、キプロス大統領に就任したアナスタシアディス大統領が英国空軍基地の廃止を訴えて当選した経緯から、経済的な締め付けが続いた。余りに絞めすぎればシリアにあるロシアの軍港がサダト政権の崩壊とともに喪失しかねない状況からキプロスに移す選択肢が強く出てきてしまう。

 

 もし、ロシアがキプロスに軍事施設を設ければ、NATOにとっては深刻な事態になりかねない。軍事的なバランスは経済的な側面よりもより西欧にとっては重要だ。ギリシャの経済悪化はイランとの貿易制限の影響が大きい。ギリシャへの経済的圧力を強化し、ギリシャがユーロを離脱してしまうと経済的混乱が増幅しバルカン半島全体の経済が崩壊しかねない。

 

 もし、バルカン半島が混乱すればロシアが経済支援等を行う可能性が出てくる。こればトルコがロシア勢力に取り込まれていくことを意味することになる。

 経済力と軍事的なパワーバランスを考えれば現在の経済回復がなかなか戻らないことも理解できる。

 

 国際資本は国家間の国境を飛び越え資産を移動するために為替や景気変動を引起してきた。戦争や政変等も見方を変えればこうした資本の流れの遡上に組み込まれたイベントでしかない。

 

 

       ↓ 参考になったらクリックをお願いします。 ↓ 

   人気ブログランキングへ  にほんブログ村 為替ブログへ  

 

   
     

« 毎月850億ドル の債券購入を継続 | トップページ | ひと目でわかる「日中戦争」時代の武士道精神 »

One MileStone」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/57904348

この記事へのトラックバック一覧です: 救済プログラム履行は順調(キプロス):

« 毎月850億ドル の債券購入を継続 | トップページ | ひと目でわかる「日中戦争」時代の武士道精神 »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ