« 7月の海外からの対中直接投資 | トップページ | 中国人民元、2月以来の大幅安 »

2013.08.24

債券購入ペースの減速は経済環境等を精査してから

 米国セントルイス地区連銀の
   ジェームズ・ブラード総裁
は、23日、ワイオミング州ジャクソンホールで経済専門局CNBCのインタビューで金融当局は
   債券購入ペースの減速
を始める前に
   経済とインフレの動向
を時間をかけて精査すべきだと指摘した。

 

  総裁は「われわれは極めて慎重に政策決定する余裕がある」と述べた。

  

 なお、ブラード総裁は今年の連邦公開市場委員会(FOMC)で投票権を持つ。 

 

 

ひとこと
 経済環境の回復の目鼻立ちが何処まではっきりしているのかを確認することが重要だ。

 

 

 

         ↓ 参考になったらクリックをお願いします。 ↓ 
   にほんブログ村 為替ブログへ 人気ブログランキングへ  

 

 

 

« 7月の海外からの対中直接投資 | トップページ | 中国人民元、2月以来の大幅安 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/58050003

この記事へのトラックバック一覧です: 債券購入ペースの減速は経済環境等を精査してから:

« 7月の海外からの対中直接投資 | トップページ | 中国人民元、2月以来の大幅安 »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ