« 日銀会合は量的・質的緩和の効果見極め政策据え置き | トップページ | 真実の中国史【1840-1949】 »

2013.09.06

財政・金融政策の焦点を「雇用創出」 に合わせるよう取り組む計画

 ロシアのボフチェンコ労働副大臣は5日、サンクトペテルブルクで
   20カ国・地域(G20)
における財政・金融政策の焦点を
   雇用創出
に合わせるよう取り組む計画だと語った。

 同副大臣はメディアとのインタビューで、6日の首脳会議終了後に発表される声明では、雇用の伸びは経済成長を押し上げる主要な柱の一つであることから、金融・財政政策は労働市場に悪影響を及ぼさないようにする必要があるという見解で一致するとの見通しを示した。 

  

  

ひとこと

 雇用を確保するためにワークシェアと言う手法で対応することでは景気回復など夢のまた夢だ。付加価値のある利益拡大型の経済対策が最重要の課題であり、失業者を少なくするだけではジリ貧になり、結果として低収入労働者が増えるだけで、薄利多売型の消費活動が広がることになる。

 こうした流れでは文化も育たず、社会が貧しくなるだけだ。

 価値のある仕事には可能な限り高い賃金を提供して付加価値のある商品等が売れ出すことで景気循環が拡大し信用の増加が可能となる。

 

  

        ↓ 参考になったらクリックをお願いします。 ↓ 

   にほんブログ村 為替ブログへ 人気ブログランキングへ  

 

 

 

« 日銀会合は量的・質的緩和の効果見極め政策据え置き | トップページ | 真実の中国史【1840-1949】 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/58136415

この記事へのトラックバック一覧です: 財政・金融政策の焦点を「雇用創出」 に合わせるよう取り組む計画:

« 日銀会合は量的・質的緩和の効果見極め政策据え置き | トップページ | 真実の中国史【1840-1949】 »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ