« 中国の9月のHSBC製造業PMIは上昇 | トップページ |  一段のドル安 には依然前向きではない »

2013.09.24

円は4時半頃から再び上昇

 NY時間外国為替市場では、ニューヨーク地区連銀の
   ダドリー総裁
が、政策当局は米国経済に
   吹き付ける向かい風
を「力強く」押し返す必要があると指摘したことを背景に米ドルが円に対して続落した。

 
 

 ユーロは欧州中央銀行(ECB)の
   ドラギ総裁
が、必要ならば新たな
   長期リファイナンスオペ(LTRO)
を実施する用意があると表明したことが背景となり対米ドルで下落した。

 
 

 米ドルは主要16通貨の過半数に対して下落した。

 
 

 23日はアトランタ連銀の
   ロックハート総裁
も、米国の金融政策は
   もっと活発な経済活動
を生み出すことに注力すべきだと語った。

 

 円は主要通貨の大半に対して上昇した。

 なお、米国国債では2年債利回りは9月6日に0.53%と2011年5月以来の高水準を付けて以降、約19bp低下している。



  

 NY時間午後4時30分現在、米ドルは円に対し前週末比0.5%安の1ドル=98円78銭。20日は0.1%下げていた。
 円は対ユーロで0.8%上げて1ユーロ=133円29銭。

 

 

              ↓  参考になったらクリックをお願いします。   ↓ 

   人気ブログランキングへ にほんブログ村 為替ブログへ FXランキングフィードメーター - 経済まねきねこ外国為替情報

 

 

     

ひとこと

 米国の金融政策が混乱し始めてきている。

 過去、ジキル島の秘密会議で決まったFRBの設立で公の政府機関ではない組織が米国金融界を牛耳ってきたが、オバマ大統領が国際資本等の思惑が入って人事が決められている地区連銀の意図がある者の、ホワイトハウスがFRBの人事に介入したことが、経済監視におけるこれまでの手法から離脱しようとしている感じにも見える。(関連情報)

 
   
  
 

« 中国の9月のHSBC製造業PMIは上昇 | トップページ |  一段のドル安 には依然前向きではない »

タイムライン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/58254991

この記事へのトラックバック一覧です: 円は4時半頃から再び上昇:

« 中国の9月のHSBC製造業PMIは上昇 | トップページ |  一段のドル安 には依然前向きではない »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ