« 豪ドルの動きについてのつぶやき | トップページ | ランド 値動きが小さい通貨だが、ストの影響や商品市場の縮小など外部要因で波乱が起きることもある。 »

2013.09.15

ユーロ/ポンドはユーロの信用不安後退がポンドよりも強い感じ。

ユーロ/ポンドの動き
・10分足で見ると14日0時安値0.83558から買いが強まり4時に高値0.8380まで上昇した。

 一目均衡表の雲は、売りで0.8404から下向きに流れたのち0.8370で下縁をキープした。

プライスオシレータでは0ラインまで上昇して突破したものの、売りで再び下降する兆しでライン割れ。

・1時間足で見るとサポート0.8400が売りで割れ14日0時安値0.8355まで底値が緩んでいる。

 その後、買戻しが入るが0.8380が重い。

  一目均衡表の雲は、0.8410が売りで割れ餓え兵rが0.8390まで緩んだ。

 

・日足で見ると8月1日高値0.8767から売りで下降し9月11日安値0.8382まで底値が緩んだ。下向きのボトムラインに変化は見られず。

   一目均衡表の雲は、0.8672に山を作った後、売りで収束した。その後も売りが続き0.8483-0.8575まで拡大した。

  
 

ひとこと
 今後は1日足で見れば木曜がトンボだったものの週末は売りに押され変化する兆しが出ていない。近づく雲の切れ目に藩王が怒れば0.8460がレジスタンス。目崎のサポートは0.8315.  

 プライスオシレータでは0ラインまでの上昇が見られるzマイナス0.008のポジション。下向きの動きは鈍化しており反発することが期待される。

 

 

 

 

       ↓ 参考になったらクリックをお願いします。 ↓ 

   人気ブログランキングへ  にほんブログ村 為替ブログへ  

    
 
   

  

« 豪ドルの動きについてのつぶやき | トップページ | ランド 値動きが小さい通貨だが、ストの影響や商品市場の縮小など外部要因で波乱が起きることもある。 »

コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/58197226

この記事へのトラックバック一覧です: ユーロ/ポンドはユーロの信用不安後退がポンドよりも強い感じ。:

« 豪ドルの動きについてのつぶやき | トップページ | ランド 値動きが小さい通貨だが、ストの影響や商品市場の縮小など外部要因で波乱が起きることもある。 »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ