« 青い象のことだけは考えないで! [Kindle版] | トップページ | 財政・金融政策の焦点を「雇用創出」 に合わせるよう取り組む計画 »

2013.09.05

日銀会合は量的・質的緩和の効果見極め政策据え置き

 日本銀行は5日開催した
   金融政策決定会合
で、政策方針の現状維持を全員一致で決定した。

 日本経済の足元の景気については
   緩やかに回復
しているとの見解から、2カ月ぶりに判断を前進させた。

 

 当面、4月に打ち出した量的・質的金融緩和を着実に進め、その効果を見極める構えだ。

 
 

 日銀の会合ではマネタリーベースが
   年間 約60兆-70兆円
に相当するペースで増加するよう金融市場調節を行う方針を据え置いた。

 
 

 資産の買い入れ額も、長期国債はじめ
   指数連動型上場投資信託(ETF)
   不動産投資信託(J-REIT)
   コマーシャル・ペーパー(CP)
   社債
など、いずれも据え置いた。

 事前のエコノミス調査では、全員が現状維持を予想していた。

 
 

 7月の消費者物価指数(生鮮食品を除いたコアCPI)は
   前年比+0.7%
の上昇と2カ月連続プラスとなり、上昇幅も事前予想を上回った。

 日銀は来年4月末に「経済・物価情勢の展望(展望リポート)」を策定し、2016年度までの経済・物価の見通しを示す。

  
  

  

ひとこと

 景気回復までのプロセスが時間が経過しても到達できていないとしても焦る必要はない。景気対策には賃金の増加が最低限必要であり、企業内部留保の資金は配当金や賃金で市場に流し込むことが重要だろう。

 

  

        ↓ 参考になったらクリックをお願いします。 ↓ 

   にほんブログ村 為替ブログへ 人気ブログランキングへ  

 

 

    

« 青い象のことだけは考えないで! [Kindle版] | トップページ | 財政・金融政策の焦点を「雇用創出」 に合わせるよう取り組む計画 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/58134201

この記事へのトラックバック一覧です: 日銀会合は量的・質的緩和の効果見極め政策据え置き:

« 青い象のことだけは考えないで! [Kindle版] | トップページ | 財政・金融政策の焦点を「雇用創出」 に合わせるよう取り組む計画 »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ