« スイスフラン/円 天井での揉み合い | トップページ | ユーロ/米ドル 水平方向に狭いレンジで揉み合う動き »

2013.10.22

英国が欧州連合(EU)から離脱するとの論議

 イングランド銀行(英中央銀行)の元当局者2人
   ジョン・ギーブ元副総裁(金融安定担当)
   デービッド・グリーン氏
らがリージェンツ大学が公表した報告書の中で、英国が欧州連合(EU)から離脱するとロンドンの
   金融センターとしての地位
に悪影響を及ぼすほか
   欧州域内の法案策定
で英国の影響力が弱まる恐れがあると指摘した。

 

 また、 ゴールドマン・サックス・インターナショナルの
   ピーター・サザランド会長
は報告で、英国がEUから離脱すれば影響力が弱くなるのは明白だと指摘している。

 英国がEU加盟国との貿易で、現在のように
   単一欧州市場の規則
に準じるとみられるのは明らかだが、こうしたルールが長期的に形成される過程で英国の影響はわずか、または全く受けないことになるとの見解を示した。


 

 キャメロン首相は1月、EU加盟に関する国民投票を2017年末までに実施する意向を表明した。
 これに対し、クレッグ副首相は今月、財界首脳に離脱反対の姿勢を示すように呼び掛けた。

 

 英国の産業連盟(CBI)が先月実施した調査で、同国の財界首脳のほぼ80%がEU内にとどまるべきだと考えていることが分かった。

 なお、EU離脱が国益に沿うと答えたのはわずか10%だった。

 

 

ひとこと

 英国の金融界はドイツから移民した勢力により牛耳られ、世界各地に大英帝国の勢力拡大とともに権益を広げたのはあきらかだが、ここにきて別の場所に移動を始めている感じがある。

 

 

              ↓  参考になったらクリックをお願いします。   ↓ 

   人気ブログランキングへ にほんブログ村 為替ブログへ FXランキングフィードメーター - 経済まねきねこ外国為替情報

 

 

   

« スイスフラン/円 天井での揉み合い | トップページ | ユーロ/米ドル 水平方向に狭いレンジで揉み合う動き »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/58430866

この記事へのトラックバック一覧です: 英国が欧州連合(EU)から離脱するとの論議:

« スイスフラン/円 天井での揉み合い | トップページ | ユーロ/米ドル 水平方向に狭いレンジで揉み合う動き »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ