« 英国金融機関HSBC アジアのブローカー部門で1月から新報酬体系 | トップページ | タイの政情が混乱 »

2013.11.26

米住宅市場が冷え込んでいる可能性 米ドル下落

 全米リアルター協会(NAR)が25日発表した10月の住宅販売保留指数は
   102.1(前月比-0.6%)
と5カ月連続で低下し前年12月以来の低水準を付けた。

 が示された。

 前年比では1.6%低下した。

 なお、エコノミストは前月比1.3%の上昇を予想しており大きく外れた。

 

 この指数から米国の住宅市場が冷え込んでいる可能性もあるが、NARは10月1日から16日間に及んだ
   一部政府機関の閉鎖の影響
もあったと指摘した。

 

 なお、NARの首席エコノミスト
   ローレンス・ユン氏
は、調査では
   手続きに遅延
が見られたとの報告が17%の不動産業者から寄せられたと述べた。

 

その大部分が住宅ローンの承認に必要な
   内国歳入庁(IRS)所得証明書
の入手が遅れたための遅延だったと続けた。

 

 ただ、米国の住宅販売は景気回復や量的緩和策の縮小懸念から
   ローン金利の上昇
に圧迫されており、NARが20日に発表した10月の中古住宅販売戸数は前月から3.2%減少している。

 季節調整済みの年率換算で512万戸と6月以来の水準に低下した。  

     
  

ひとこと
 FOMCの会合で議論されている量的緩和策の縮小実施をいつにするかといった時期の問題が金融市場に取りだたされたことでローン金利が上昇傾向を示した影響が購入意欲を後退させたのだろう。

 ただ、景気の回復の流れが強まればこうしたマイナス要因も相殺されるが、政府機関の閉鎖に伴う市場への影響の深度がどれくらいか不明なため投資家の気迷いで変化が大きくなってきている。

 

 

 

              ↓  参考になったらクリックをお願いします。   ↓ 

   人気ブログランキングへ にほんブログ村 為替ブログへ FXランキングフィードメーター - 経済まねきねこ外国為替情報

 

 

 

  

« 英国金融機関HSBC アジアのブローカー部門で1月から新報酬体系 | トップページ | タイの政情が混乱 »

気になる指標」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/58645724

この記事へのトラックバック一覧です: 米住宅市場が冷え込んでいる可能性 米ドル下落:

« 英国金融機関HSBC アジアのブローカー部門で1月から新報酬体系 | トップページ | タイの政情が混乱 »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ