« EU諸国に100億ドル(約1兆100億円)規模の基金 を通じて融資する準備(中国) | トップページ | 中国設定の防空識別圏を米軍のB-52爆撃機が飛行 »

2013.11.26

Jリートの運用資産規模が拡大

  三井住友トラスト基礎研究所のリポートによると、6月末時点のJリートの運用資産規模は
   10.4兆円
と初めて10兆円を突破し、前年同期比で約2割増加した。

 Jリート最大手の日本ビルファンド投資法人は今年に入り、ソニー保有の
   ソニーシティ大崎
やパナソニックの「東京汐留ビル」を共同取得している。

 

 投資意欲の高まりを受けて不動産価格は上昇している。

 

 米国の不動産調査会社のリアル・キャピタル・アナリティクス(RCA)のデータによると、都心オフィスビルの投資利回りを示すキャップレートは12年1月の5.4%をピークに低下傾向となり、今年10月は4.89%まで緩んでいる。

 同レートは賃料収入を物件価格で割った数値で、低いほど物件価格が高いことを示す。

 
 
 

ひとこと
 不動産が生み出す家賃収入が投資に対する配当となる。不動産自体も景気が回復する段階で価値が上がり売却すれば利益が高まることは言うまでもない。

 右肩上がりで上向く流れとなれば投資に対するバックは大きくなるのは理屈だが、景気が後退すれば加速度的に不良債権化する可能性がある。

 また、不動産は震災や台風などの災害の直撃を受ければ大きなダメージを負う事となる。

 

 

 

              ↓  参考になったらクリックをお願いします。   ↓ 

   人気ブログランキングへ にほんブログ村 為替ブログへ FXランキングフィードメーター - 経済まねきねこ外国為替情報

 

 

 

     

« EU諸国に100億ドル(約1兆100億円)規模の基金 を通じて融資する準備(中国) | トップページ | 中国設定の防空識別圏を米軍のB-52爆撃機が飛行 »

One MileStone」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/58649192

この記事へのトラックバック一覧です: Jリートの運用資産規模が拡大:

« EU諸国に100億ドル(約1兆100億円)規模の基金 を通じて融資する準備(中国) | トップページ | 中国設定の防空識別圏を米軍のB-52爆撃機が飛行 »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ