« 「中国の軍事的脅威」が崩壊する日 【Voice S】 [Kindle版] | トップページ | 予想外の結果は偏った思考で生じるもの ジョージ・ソロス »

2013.11.05

助けたくても助けられない?

 国際通貨基金(IMF)の副専務理事を務めた
   加藤隆俊元財務官
は、ギリシャ を大幅に上回る規模の日本の国債市場が危機に陥れば、IMFを含めて誰も
   助けたくても助けられない
との見解を示し、大幅な消費増税などによる財政健全化の必要性を強調した。

 今は問題ないが、インフレ率 が2%になれば、政府は
   利払い費
が膨らみ、保有者はかなりの規模で評価損をこうむると述べた。

 万一、金融当局が事態をコントロールできなくなると、影響は全世界に波及しかねないと警告した。

 

 日本の国債・借入金・国庫短期証券を合わせた債務残高は6月末に初めて
   1000兆円
を突破した。

 IMFは日本政府の債務残高の対GDP比が今年末に243.5%に達し、少なくとも18年までは世界最悪の座を抜け出せないと予測している。

 

 8月に公表した対日年次審査報告書では、公的債務を中期的に圧縮するため消費税率を段階的に「少なくとも15%」まで引き上げるべきだと指摘した。

  
 

 米連邦準備制度理事会(FRB)による利上げの余波で1994年12月に発生したメキシコ通貨危機の対応に大蔵省(現・財務省)の国際金融局長として務めた。

  

 日本はまだ海外生産比率を上げていく方向だ。

 

かつては輸出していた物も、外で作って外で売る。

 円安になれば輸出が大幅に増える時代ではないと指摘した。

 

 貿易赤字 は簡単には解消しないが、経常収支 が直ちに赤字化する心配はないと述べ、海外金利が軒並み低下傾向にある中でも十分な所得収支 の黒字があると説明した。

 
 
 

ひとこと

 視点の置き方を考えれば、おかしな状況に気づくはずだ。「助けたくても助けられない」といって欧米が日本を助けることなど過去も未来もない。欧米は日本の資産を如何に手に入れようかと算段しているだけだ。下落すれば底値まで買い叩くのが常であり、誰も助けやしない。
 日本国債の保有が日本の中小金融機関に過度に偏っているのが原因だ。

 円高を抑制する手法として日本の国債を担保にして欧米通貨等とスワップする方法を採るべきだった。

 

 日本国の格付けは国債の価値に反映され、通貨にも反映されるのが一般的な経済の原則だ。

 財政収支が大きく悪化している国の通貨が買われるという矛盾をどう説明するのか...

 
 

 円高の進行で財政が悪化して言った現実を直視すべきだろう。輸出産業は海外に設備や資産を移した結果、円高になれば映した資産の価値が下落してしまっている。

 毎年の収益では国内で黒字を出したとしても清算すればマイナスになり国庫の収める税金は大幅に減少してしまった。
 こうした状況が20年近く続いた結果が財政の大幅赤字と言うことだ。

 ただ、円が80円から一時100円を割り込んだ。これが130円にもなれば、こうした状況は激変するのは明らかだ。海外に移動させた資産の中でも米国に移した資産は大きく価値を向上させることになる。

 価値が高まればば税金をこれまで支払わなかった分以上に短期間で支払う必要となるのは明らかだ。

 欧米の国際資本の言いなりになり、消費税を引き上げ財政収支を改善させるのでは円安ではなく円高に再びシフトしてしまうことになる。
 1000兆円の借金だが、資産も400兆円を超える状態であることを忘れるべきでない。
 借金があっても資産が多ければ問題などない。

 

 国債の価値が暴落して円安にもなれば、海外資産の価値の増加で税収が増えるため、増えた分の資金を使って市場で下落した国債を買い拾えば良いだけだ。
 国債の暴落を懸念して発行する場合を考えるより、発行する前に安く買い集めて前倒し清算する方法を考えるべきだろう。

 

  

 

              ↓  参考になったらクリックをお願いします。   ↓ 

   人気ブログランキングへ にほんブログ村 為替ブログへ FXランキングフィードメーター - 経済まねきねこ外国為替情報

 

 

 

« 「中国の軍事的脅威」が崩壊する日 【Voice S】 [Kindle版] | トップページ | 予想外の結果は偏った思考で生じるもの ジョージ・ソロス »

要人発言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/58520937

この記事へのトラックバック一覧です: 助けたくても助けられない?:

« 「中国の軍事的脅威」が崩壊する日 【Voice S】 [Kindle版] | トップページ | 予想外の結果は偏った思考で生じるもの ジョージ・ソロス »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ