« 宝探しは動くものだけではない ジョージ・ソロス | トップページ | イラン核協議で歴史的合意 »

2013.11.25

スペイン銀行(中央銀行) の権限を強化すべき(IMF)

 国際通貨基金(IMF)は22日、欧州主導のスペインの銀行救済での条件の達成度を測る第4回査定の結果を発表した。

 その中で、銀行に今年の現金配当制限を勧告した
   スペイン銀行(中央銀行)
の権限を強化し、中銀が
   現金配当の上限
を定められるようにすることを、政府が検討するべきだと説いた。

 

 スペインの銀行は現金配当の制限をもう1年間継続するとともに、株価上昇の機会を生かして資本を増強するべきだと指摘した。

    
 
  

ひとこと
 自主独立の国家主権を考えればIMFの行為は自由経済を遵守するものではなく逸脱している感じだ。

 スペインが保有している東南アジアやアフリカ、中南米の権益を移転させる目論見があるようにも見える。

 植民地時代に築いた権益網は企業に移されており、国家間の国境を難なく乗り越えて移動することが可能となっている。巨大化したフローマネーは為替を左右し国家の基盤を破壊する力を持ってしまった。

 

 IMFの行動はアジア通貨危機の時の状況やEUの経済危機における対応を考えると国際資本の思うがままの状態にある感じだ。

 ただ、日本の政治家で規制緩和等で日本経済に外国資本の権益網を構築させた元首相も、いまだ、ゾンビのごとく存在し傀儡的な発言を繰り返すのはいかがなものか...

 

 

 

              ↓  参考になったらクリックをお願いします。   ↓ 

   人気ブログランキングへ にほんブログ村 為替ブログへ FXランキングフィードメーター - 経済まねきねこ外国為替情報

 

 

 

   

« 宝探しは動くものだけではない ジョージ・ソロス | トップページ | イラン核協議で歴史的合意 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/58639756

この記事へのトラックバック一覧です: スペイン銀行(中央銀行) の権限を強化すべき(IMF):

« 宝探しは動くものだけではない ジョージ・ソロス | トップページ | イラン核協議で歴史的合意 »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ