« 2020年 石油超大国になるアメリカ [Kindle版] | トップページ | 呆韓論 »

2013.12.16

16日からの週に開く本会議で採決し、承認するとの見通し

 米国連邦準備制度理事会(FRB)が12日発表した週間統計によると、連銀が保管する
   外国の中央銀行保有の米財務省証券
は11日までの週に1日当たり平均で
   3兆70億ドル(約310兆円)
となり、初めて3兆ドルを突破した。

 

前週比では72億5200万ドル増加した。

 
 

 新興市場通貨の大部分が9月後半以降、下落圧力にさらされたことから為替介入に伴い韓国と中国は自国通貨売りでため込んだ米ドルを米国債購入につぎ込んだ可能性が高い。

 

 連銀に保管された外国中銀保有の同証券は、2007年初めの1兆1620億ドルから2倍余りに膨らんでいる。 

 

 

ひとこと 
 米国国内への製造業の回帰が進んでおり、国内で生産されるシェールガス・オイルの増加で安価なエネルギーが利用できるようになっている。海外からの石油関連製品の輸入も大幅に低下しており、実質的には昨年から石油輸出が昭和24年以来の輸出超過となった。

 第2次世界大戦の終了で荒廃した欧州や日本等に対し国土が戦場となったダメージが少ない米国が輸出利益を最大限享受し大幅な黒字が続く結果をもたらした。

 覇権が強すぎる中国の周辺国への軍事的圧力が増加しており、今後中国を世界経済における製造業の工場としての地位を確保することは軍事バランスを考えればリスクが大きく不可能だ。

 巨大な中国の人口が消費地を求め進出するメリットは低下するだろう。逆に、経済格差がジニ係数が0.6にもなっている現状が変わらなければ、経済的な問題から国民の不満が爆発し内乱状態に陥るリスクが高い。

 また、中国国境周辺においても少数民族の問題が、中国隣接国の経済発展に伴い格差が生じることで自主権の拡大を中国政府に求める動きが強まり地域的な不安定感が増す見込みだ。

 

   
 

              ↓  参考になったらクリックをお願いします。   ↓ 

   人気ブログランキングへ にほんブログ村 為替ブログへ FXランキングフィードメーター - 経済まねきねこ外国為替情報

 

 

   
     

« 2020年 石油超大国になるアメリカ [Kindle版] | トップページ | 呆韓論 »

One MileStone」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/58764503

この記事へのトラックバック一覧です: 16日からの週に開く本会議で採決し、承認するとの見通し:

« 2020年 石油超大国になるアメリカ [Kindle版] | トップページ | 呆韓論 »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ