« 呆韓論 | トップページ | 10月のユーロ圏貿易収支 »

2013.12.16

北朝鮮、張氏側近の駐中国大使は粛清せず

 中国・鳳凰衛視が16日、朝鮮メディアが15日
   池在竜駐中国大使
が中国で13日、「抗日英雄」とその家族らの会合に出席したと報じたことを伝えた。

 池大使は12日に処刑された張成沢元国防副委員長の側近の1人。

 

 池大使が粛清されなかったことは、北朝鮮の中国重視の姿勢を示すものとの指摘がある。

 
 

 韓国メディアによれば北朝鮮が中国からビジネス関係者を引き上げさせる動きが見えており、中国駐在の政府関係者を段階的に召還する計画だと報じた。

 

 知中派とされ、中国との経済発展をけん引した張氏が失脚したことで、今後の北朝鮮と中国との経済関係を懸念する声も上がっている。

  

 北朝鮮国家経済発展委員会のある高官は米国メディアの取材に対して
   張氏の処刑後も経済政策は変わらない
と発言した。

 また、新たな経済特区を設け、外資誘致を進めると語った。

 なお、張氏の処刑により、経済発展はかえって円滑に進むとの見方も示した。

 
 

 

ひとこと 
 共産主義者の独裁国家にありがちな利権を巡る血なまぐさい闘争だ。ロシアしかり、中国しかりだ。

 自由主義から見れば排他的な思想であり、人権を蹂躙するものだ。

 

   
 

              ↓  参考になったらクリックをお願いします。   ↓ 

   人気ブログランキングへ にほんブログ村 為替ブログへ FXランキングフィードメーター - 経済まねきねこ外国為替情報

 

 

   
     

« 呆韓論 | トップページ | 10月のユーロ圏貿易収支 »

One MileStone」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/58767705

この記事へのトラックバック一覧です: 北朝鮮、張氏側近の駐中国大使は粛清せず:

« 呆韓論 | トップページ | 10月のユーロ圏貿易収支 »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ