« 猛毒中国ビジネス 中国人OLは見た! | トップページ | NSAの通話履歴収集は合憲(連邦地裁) »

2013.12.28

スターリン暴落

スターリン暴落(Stalin break)
 1953年3月5日に旧ソ連の最高指導者
   ヨシフ・スターリン
の死去を契機に起こった株価暴落のこと。

 別名スターリン・ショックとも言われる。

 

 第二次世界大戦で無条件降伏し、連合国の占領下にあった日本ではGHQの対日戦略で国力を削ぎ、再軍備をさせないため徹底的な産業力の低下政策が実施され、無差別デモ等社会が混乱する状況が続いていた。

 北朝鮮の金日成が中国やソ連の支援を受けて国境を越えて侵攻を始めた
   朝鮮戦争(1950年6月25日 - 1953年7月27日)
が連合国の対日政策の変化を促し、180度経済政策を方向転換させて、産業力の構築を許す動きにつながった。

 日本国内では連合国や在朝鮮米軍や在日米軍から発注された物資やサービスによる
   朝鮮特需
が発生し、戦後復興と株式市場のバブルに沸くこととなった。

 

 1953年3月1日、ソ連の指導者ヨシフ・スターリンはラヴレンチー・ベリヤ、ゲオルギー・マレンコフ、ニコライ・ブルガーニン、ニキータ・フルシチョフら側近と会食後、寝室で脳卒中の発作で倒れた。

 4日後の1953年3月5日には危篤状態に陥り、73歳で死去した。

 

 日本へは3月4日にスターリン重体のニュースが伝わり、翌5日の朝刊で死去が報じられた。

 当日の日経平均株価は、前日比37円80銭安の344円41銭という大暴落を引き起こし、下落率10.00%となった。

 

 スターリン死亡で朝鮮戦争の終結が早まり、当時日本経済の急速な復興を支えた朝鮮特需が終結することが予想されたためだ。

 

 なお、この時の下落率10.00%は当時最大であり、1987年のブラックマンデーまで34年間破られることはなかった。

 

 ただ、売りすぎへの反省からスターリン暴落の翌日、1953年3月6日には日経平均株価は急反発、戦後8番目である6.31%の上昇率を記録し361円88銭まで値を戻した。

 

 大損を被った個人等は3月5日の暴落をきっかけに株投資ブームが終わり、株価は徐々に低迷し始めていった。

 

 1953年7月27日には朝鮮戦争の停戦が宣言されると、日本経済は朝鮮特需が終結し、反動による不況期に突入していった。
 この不況期を経て、日本は神武景気に突入することとなる。 

 

   
  

   

       ↓  参考になったらクリックをお願いします。   ↓ 

   人気ブログランキングへ にほんブログ村 為替ブログへ FXランキングフィードメーター - 経済まねきねこ外国為替情報

 

 

 

     

 

    

    

« 猛毒中国ビジネス 中国人OLは見た! | トップページ | NSAの通話履歴収集は合憲(連邦地裁) »

One MileStone」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/58835797

この記事へのトラックバック一覧です: スターリン暴落:

« 猛毒中国ビジネス 中国人OLは見た! | トップページ | NSAの通話履歴収集は合憲(連邦地裁) »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ