« 地球の気温上昇を安全な水準に抑制する政策コストは世界の国内総生産(GDP)の4% | トップページ | 米国は同盟国首脳の情報収集を停止 »

2014.01.18

12月の鉱工業生産指数(米国)

 米国連邦準備制度理事会(FRB)が発表した
   12月の鉱工業生産指数(製造業、鉱業、公益事業の生産を対象、季節調整値)
は前月比+0.3%に上昇した。

 これは事前予想のエコノミスト予想と一致した。

 また、前月は1%上昇と、速報値の1.1%上昇から修正された。

 

 10-12月の鉱工業生産指数は年率で6.8%上昇と、2010年第2四半期以来の高い伸びだった。


 

  鉱工業生産全体の75%を占める製造業 の生産指数は0.4%上昇した。
 なお、前月は0.6%の上昇だった。
 予想では0.3%上昇が見込まれていた。

 

 公益事業の生産指数は1.4%低下した。
 なお、前月は気温低下に伴う需要増が影響し、3%の大幅上昇だった。

 

 油田掘削を含む鉱業生産 は0.8%伸びた。
 自動車・同部品の生産指数は1.6%上昇(前月 +3.6%)した。
 自動車・同部品を除いた製造業生産指数は前月と同じ0.4%上昇だった。

 

 鉱工業設備稼働率は79.2%(前月 79.1%)だった。
 製造業部門の設備稼働率は77.2%と、2008年3月以降で最高だった。

 

 

      ↓  参考になったらクリックをお願いします。   ↓ 

   人気ブログランキングへ にほんブログ村 為替ブログへ FXランキングフィードメーター - 経済まねきねこ外国為替情報

 
 
   
     

« 地球の気温上昇を安全な水準に抑制する政策コストは世界の国内総生産(GDP)の4% | トップページ | 米国は同盟国首脳の情報収集を停止 »

One MileStone」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/58964597

この記事へのトラックバック一覧です: 12月の鉱工業生産指数(米国):

« 地球の気温上昇を安全な水準に抑制する政策コストは世界の国内総生産(GDP)の4% | トップページ | 米国は同盟国首脳の情報収集を停止 »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ