« 10-12月失業率7.2%、予想外の上昇(英) | トップページ | ユーロ圏 2月の製造業とサービス業活動が予想下回る »

2014.02.20

インフレ圧力の欠如は「不可解」(アトランタ連銀総裁)

 アトランタ地区連銀の
   ロックハート総裁
は、19日、ジョージア州メイコンのマーサー大学で講演。

  

 講演後の質疑応答で、2013年下半期に
   成長ペースは加速
したが、その一方でインフレと言うべきものはまったく見られないと述べた。

  

 一般的に言って、成長はインフレを伴うものだが景気回復局面に入って5年が過ぎてもインフレ圧力が見られないことは「不可解」だと続けた。

 

 これはFRBが
   根本的な景気の強さ
を誤って判断していることを示唆している可能性はあると言明した上で、成長加速に伴い
   インフレも漸進的に上昇
するというのが、今も私の見通しだと語った。

  さらに同総裁は、労働市場を判断する上で、当局は失業率以外にも目安にすべき指標を検討する必要があるだろうと述べた。        

 
 
 

ひとこと

 経済指標は部分的な特徴を数値で現し、経済政策の方向性を探る判断材料となるものだが、タイムラグが必ずあり、実態を常に補則しているとまではいえないものだ。

 特徴的な部分を強く意識させるものであり、実態経済との乖離が大きければ判断を誤ることとなる。

 

 
 

      ↓  参考になったらクリックをお願いします。   ↓ 

   人気ブログランキングへ にほんブログ村 為替ブログへ FXランキングフィードメーター - 経済まねきねこ外国為替情報

 
 
      
     

« 10-12月失業率7.2%、予想外の上昇(英) | トップページ | ユーロ圏 2月の製造業とサービス業活動が予想下回る »

要人発言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/59165862

この記事へのトラックバック一覧です: インフレ圧力の欠如は「不可解」(アトランタ連銀総裁):

« 10-12月失業率7.2%、予想外の上昇(英) | トップページ | ユーロ圏 2月の製造業とサービス業活動が予想下回る »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ