« 米国の住宅セクターについても、持続的に回復しているもよう | トップページ | 国家親衛隊という新たな軍事組織を作る方針 »

2014.03.15

ロシア連邦にはウクライナ南東部を侵攻する計画はない。

 ロシアのラブロフ外相は14日、ロシアはウクライナ南部のクリミア自治共和国で16日に実施されるロシア編入の是非を問う住民投票の結果を尊重すると述べた。

 ただ、ロシア連邦にはウクライナ南東部を侵攻する計画はない。そのようなことを計画することもできないと述べた。

 また、クリミアはロシアにとり、南大西洋のフォークランド(スペイン語名マルビナス)諸島が英国にとり意味するもの以上の存在との考えも示した。       

 
 
 

ひとこと
  ロシアがクリミア以外のウクライナに軍事侵攻することで得られるメリットは皆無だろう。そもそも、ウクライナのクリミア以外の価値はロシアの天然ガスを西側に供給するためのパイプラインの価値だけでしかない。

 ロシアのエネルギー会社ガスプロムへの支払いが滞って過去何度も天然ガスの供給を止められたウクライナである。

 

 金食い虫でもあるウクライナが西側の支援を受ければ、ロシアには支援金を削減あるいは何もしなくても良くなるといったメリットがある。

 

 ロシアがウクライナ南東部を侵攻する計画は無いのは当然だろう。軍事費を使って侵攻しても何もメリットが無く、併合すれば資金を飲み込むだけの農村地帯でしかない。食糧生産ではロシア国内との競合関係にある地域でもある。

 

 なお、クリミアにはロシア黒海艦隊の軍港があり、これを手放すことは軍事戦略上からもありえないことだ。

 

 

 

      ↓  参考になったらクリックをお願いします。   ↓ 

   人気ブログランキングへ にほんブログ村 為替ブログへ FXランキングフィードメーター - 経済まねきねこ外国為替情報

 
 
  
  
 

 

最近の医療・科学関連記事

 ■ 「葉化病」 を引き起こす病原菌が持つ原因遺伝子
 ■ iPS細胞から作った免疫細胞を点滴で大量投与
 ■ 心臓のようにポンプの働きをする筒状の組織を作り出すことに成功

 
 
 


 
 

      

 
 
 
  
 
 
       

« 米国の住宅セクターについても、持続的に回復しているもよう | トップページ | 国家親衛隊という新たな軍事組織を作る方針 »

要人発言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/59294127

この記事へのトラックバック一覧です: ロシア連邦にはウクライナ南東部を侵攻する計画はない。:

« 米国の住宅セクターについても、持続的に回復しているもよう | トップページ | 国家親衛隊という新たな軍事組織を作る方針 »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ