« ウクライナ東部で武装蜂起容疑で逮捕 マシンガン300丁を欧州 | トップページ | 韓国東部 3機目となる北朝鮮運用の無人機を発見  »

2014.04.06

嗜好の多様化でパチンコをする人が減っている。

 日本生産性本部の「レジャー白書2013」によると、パチンコ業界の売上高(貸玉料)は12年の時点で
   19兆円
だったという。

 

95年には30兆円もあったので、この20年で4割落ち込んだことになる。

 

 

参加人口で20年前には3000万人近い人がパチンコを楽しんでいたが若者を中 心にパチンコ離れが進んでおり、今や1100万人と3分の1まで減少した。

 

 収入が増えない若年層の嗜好が多様化したのが背景と見られる。

 10年前と比べ、10代男性の参加率は15%から2%、20代男性では50%から18%へと下落している。

 

 業界では分煙 ルームを設けたり、若者に人気のアイドルを起用した台を導入したりするなど努力もしているが自動車販売同様にパチンコ離れに歯止めがかかる気配はない。

 

 若者を中心に「パチンコ離れ」が進む一方、団塊世代の退職に伴いコアなファンは逆に増えている。

 

 レジャー白書をみると、1年に何度パチンコ店を訪れているか(年間平均活動 回数)は、95年の23.7回から12年には27.4回へと増加した。

 なお、参加人口が6割近く減っても売上が4割減にとどまっているのは、大量の団塊世代が定年退職することに伴い暇な時間が多くなったことで多額の金額を投じるコア なファンが増えたためとも考えられる。

 
 

 日本遊技関連事業協会が12年に、パチンコ店の顧客2239名を対象に行った調査(回答者の平均年齢41.6歳)では、1回あたりの平均プレー時 間が11年の3.9時間から4.6時間に増加した。

 

特に「1回あたり5時間以上」プレーする人の割合が、16%から29%へと大幅に増えた。
 長期的に見ても1 回あたりのプレー時間は増加傾向にある。

   
 
 
 
 
   

« ウクライナ東部で武装蜂起容疑で逮捕 マシンガン300丁を欧州 | トップページ | 韓国東部 3機目となる北朝鮮運用の無人機を発見  »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/59423889

この記事へのトラックバック一覧です: 嗜好の多様化でパチンコをする人が減っている。:

« ウクライナ東部で武装蜂起容疑で逮捕 マシンガン300丁を欧州 | トップページ | 韓国東部 3機目となる北朝鮮運用の無人機を発見  »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ