« TPPで米が自動車輸入目標要求!! ? | トップページ | 3月の中古住宅販売件数 »

2014.04.22

経済成長率と失業率の相関性は保たれている

 サンフランシスコ地区連銀は21日、調査論文(エコノミックレター)を公表し、失業率は
   経済の緩み
を適切に反映しているとし、経済成長率と失業率の相関性は保たれているとの見解を示した。

 
 

 経済学では、国内総生産(GDP)伸び率が2%ポイント低下すれば、失業率が1%ポイント上昇するとする
   「オークンの法則」
が知られている。ただ金融危機後は、失業率がこの法則よりも速いペースで上昇している。

 

一方、最近はこの法則よりも速く低下するなど、同法則から乖離した動きが出ている。

 

 そのため、市場では失業率は経済の緩みを十分に反映しきれていないとの議論も出ていた。

 一部エコノミストの間では基調的な変化があったとの見方も出ている。また、米連邦準備理事会(FRB)は数値基準としての失業率を撤廃した。

 
 

 同論文は、1970年台以降の景気後退局面では、失業率は経済成長が鈍化すると上昇し、加速すると低下するといった動きを示してきた。

 

 金融危機以降も同様の動きが見られたと指摘している。

 経済の緩みを推し測る上で、失業率は今も有用な手段となっていると結論付けた。  

 
  
  
 

ひとこと

 経済理論もデータの分析等による結論だが、人の心理で動く経済データが基礎となる。人の心理は常に同じではなく揺らぐものだ。変化するきっかけはいろいろあるだろう。人の心理の反射は一定ではなく、周囲の環境によっても変化するものだ。

 こうした変化を捉えることは難しい。

 
 
 

 

              ↓  参考になったらクリックをお願いします。   ↓ 

   人気ブログランキングへ にほんブログ村 為替ブログへ FXランキングフィードメーター - 経済まねきねこ外国為替情報

 

 

 

  
 

最近の経済・政治等関連記事

 ■ 北朝鮮対応の中国軍部隊が緊急訓練
 ■ 豊渓里にある核実験場での活動が活発化
 ■ 自国に対する重大な犯罪(ロシア)

 

 
 
     

 

« TPPで米が自動車輸入目標要求!! ? | トップページ | 3月の中古住宅販売件数 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/59510181

この記事へのトラックバック一覧です: 経済成長率と失業率の相関性は保たれている:

« TPPで米が自動車輸入目標要求!! ? | トップページ | 3月の中古住宅販売件数 »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ