« 協議で武力の停止が実際にあり得る状況に(ウクライナ) | トップページ | 米国財政収支 5月は1300億ドルの赤字-累計は08年以降で最少 »

2014.06.11

英国の失業率が予想以上に改善。回復の勢い強まり2-4月は6.6%、

 英国の2-4月の失業率 が約5年ぶり低水準に改善し、景気回復の勢いが強まっている状況が示された。

 
 

 英国政府統計局(ONS)が11日発表した国際労働機関(ILO)基準の2-4月の失業率は
   6.6%(1-3月 6.8%)
だった。

 

 事前のエコノミストの予想では6.7%。

 

 イングランド銀行(英中央銀行)当局者らは雇用市場のスラック(たるみ)が解消されるまで政策金利を過去最低の0.5%に維持する方針を示している。

 スラックがどの程度残っているかをめぐっては当局者間で意見が分かれている。
 一部には利上げ時期が近づいているとみる向きもある。


 
  

 統計発表後、ポンドは米ドルに対し上昇した。

 

 同時に発表された失業保険申請ベースの5月の失業者数は
   前月比-2万7400人
と減り、減少幅がエコノミスト予想(2万5000人)を上回った。

 

 これで1年7カ月連続の減少した。
 同ベースの失業率は3.2%と、2008年10月以降で最低となった。

 
 

 

              ↓  参考になったらクリックをお願いします。   ↓ 

   人気ブログランキングへ にほんブログ村 為替ブログへ FXランキングフィードメーター - 経済まねきねこ外国為替情報

 
  
  
 
   
 
 
 
 

« 協議で武力の停止が実際にあり得る状況に(ウクライナ) | トップページ | 米国財政収支 5月は1300億ドルの赤字-累計は08年以降で最少 »

気になる指標」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/59799331

この記事へのトラックバック一覧です: 英国の失業率が予想以上に改善。回復の勢い強まり2-4月は6.6%、:

« 協議で武力の停止が実際にあり得る状況に(ウクライナ) | トップページ | 米国財政収支 5月は1300億ドルの赤字-累計は08年以降で最少 »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ