« 中国海軍の艦艇3隻 沖縄本島と宮古島間の公海上を通過 | トップページ | 中国の貿易統計で5月の輸出は市場予想上回る伸び »

2014.06.09

米国のアジアリバランス (再均衡)戦略

 米国シンクタンク
   戦略国際問題研究所(CSIS)
が発表した報告書によると、調査を受けた過半数が中国は10年以内に東アジアで最も強い国になるとみていることが分かった。

 

 調査の結果、回答者の53%が10年以内に中国が東アジア地域で最も権力の強い国になると考えていた。
 56%が同地域で
   最も重要な経済貿易パートナー
にな ると見なしていることが明らかとなった。

 

また、中国がアジア経済の発展に良い影響をもたらすと考えている人は79%だった。

 
 
 

 興味深いの は、中国の回答者が他の国ほど自国を評価していないことだ。

 

多くの国で回答者の50%以上が10年以内に中国が東アジアで最も権力の強い国になると考えて いるのに対し、中国では26%だった。

 

一方、米国が10年以内に東アジアで最も強い国として役割を発揮すると考えている中国の回答者は71%に上った。


 米国の相対的な実力は下降しているが、アジアにおける指導力は維持されると考えている人は57%に達した。

 

 米国のアジアリバランス (再均衡)戦略に関しては賛成と反対で意見が二極化した。

 

中国の88%、台湾の62%、韓国の60%が、日本がアジアにマイナス影響をもたらす と回答している。

 同報告書はアジア問題についてオーストラリア、中国、台湾、米国、インドネシア、シンガポール、日本、韓国、インド、ミャンマー、タイの外交専門家ら400人余りを対象にアンケート調査を行ったもので中国経済の影響を受けやすい華僑社会が存在している国が多い。

 
 
 

ひとこと

 米国の国益を最優先させる目的があるシンクタンクの調査結果である。

 

外交分野から見れば中国の経済分野に限れば当然の結果だが、中国国内の経済格差や少数民族の問題、周辺国への覇権主義の拡大など経済に逆風になる要素は余り加味されていないようだ。

 また、これまでのように安価な労働力を保持することが出来るかについても疑問がある。

 
 
 
 
 

« 中国海軍の艦艇3隻 沖縄本島と宮古島間の公海上を通過 | トップページ | 中国の貿易統計で5月の輸出は市場予想上回る伸び »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/59778993

この記事へのトラックバック一覧です: 米国のアジアリバランス (再均衡)戦略:

« 中国海軍の艦艇3隻 沖縄本島と宮古島間の公海上を通過 | トップページ | 中国の貿易統計で5月の輸出は市場予想上回る伸び »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ