« 6月ドイツZEW景況感指数は予想外 の29.8 6カ月連続で低下 | トップページ | 購入枠維持と金利据え置きを 9対0の全会一致で決定(BOE) »

2014.06.18

バグダッドの北方を武装勢力が攻撃

 UAEなど湾岸諸国やサウジアラビアが背後で資金支援をしているともいわれているイスラム教スンニ派の過激派武装組織
   イラク・レバントのイスラム国(ISIL)
が16日夜、首都バグダッドから北に約55キロメートルの地域にある
   バクバの拘置所
を襲撃し、収容者43人を殺害したと、バクバが位置するディヤラ州の広報担当者がメディアの取材で述べた。

 

 今回の襲撃で、バクバはISILと政府の攻防戦の前線となったがイラク軍はこの攻撃を撃退したと表明した。

  
 

 なお、米国はイラクの内部崩壊につながりかねないこうした攻撃を食い止める選択肢を検討しているという。

 
 
 

 イラクはマリキ首相の就任以降で最も深刻な脅威に直面している。  

 

 ディヤラ州の同広報担当者によれば武装勢力は2方向からバクバに侵攻し治安部隊が両方の攻撃を撃退
   武装勢力は撤退
を強いられたと述べた。

 なお、今回の攻撃によって「恐怖とパニックの状態」が生じたという。

 

 ISILとシーア派が主導するマリキ政権との争いをめぐっては、米国を始めシーア派が統治するイランなど周辺国の出方が注目されている。

 

 なお、イランはISILが同国国境に近づいてくれば戦う方針を示している。


 米国のオバマ大統領は米国大使館の警備と職員の安全確保のために最大275人の米兵をイラクに派遣する計画を16日、議会指導部に説明した。

 
 

 

ひとこと

 専制国家であるサウジや湾岸諸国はスンニ派が支配する国家であり、シーア派の統治する国家との宗教戦争が引き起こされる可能性がますます高まっている。

 自由主義とは相容れない専制国家の資金を受けて侵攻しているISILに対する武力攻撃を米国が選択すれば、中東全体が戦禍に巻き込まれていく可能性がある。

 

 ISILの無差別な虐殺行為がメディアから伝わっており、イラク国内は大混乱の状況でクルド族など国家を持たない民族が居住する地域への退避なども起きており、情勢が激変していく可能性もある。

 クルド族が国家樹立に動けばイランやトルコ国内にも居住する同民族が集結することも考えられ複雑化していきそうだ。

 

 単純に白黒を明確にすることが不可能であり、米国の介入も情報等の精度が悪く錯綜して誤爆等を引き起こしかねず難しい選択・対応になるだろう。

   

 

 

        ↓  参考になったらクリックをお願いします。   ↓ 

   人気ブログランキングへ にほんブログ村 為替ブログへ FXランキングフィードメーター - 経済まねきねこ外国為替情報

 
    
 
  
 
   
    

« 6月ドイツZEW景況感指数は予想外 の29.8 6カ月連続で低下 | トップページ | 購入枠維持と金利据え置きを 9対0の全会一致で決定(BOE) »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/59834257

この記事へのトラックバック一覧です: バグダッドの北方を武装勢力が攻撃:

« 6月ドイツZEW景況感指数は予想外 の29.8 6カ月連続で低下 | トップページ | 購入枠維持と金利据え置きを 9対0の全会一致で決定(BOE) »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ