« NISA非課税枠の拡大検討 | トップページ | ティクリート奪回でイラク政府軍が攻勢 ロシア軍事顧問到着 »

2014.06.29

 防衛省は29日午前5時ごろに北朝鮮の東岸から北朝鮮が日本海に向けて
   複数の弾道ミサイル
を発射したもようだと発表した。

 

 なお、船舶や航空機への影響は確認されていないという。

 

 日本と北朝鮮は7日1日、拉致被害者などの再調査に関する政府間協議を開催する。



 

 韓国の聨合ニュースによると韓国軍合同参謀本部は北朝鮮が29日午前4時50分から同58分ごろにかけて、南東部の江原道・元山付近から東海に向け
   短距離弾道ミサイル「スカッド」
と推定されるミサイル2発を発射したことを明らかにしたとのこと。

 韓国合同参謀本部関係者は「ミサイルは東海の北東側の公海上に発射されたが北朝鮮は
   ミサイルの着弾地点付近
の海上を航行禁止区域に設定しなかったと説明した。

 合同参謀本部はミサイルの射程が500キロに上ると分析した。

 
 

 北朝鮮が同日の発射を含めミサイルとみられる物体を発射したのは今年に入り11回目となる。

 なお、26日にも射程300キロの放射砲(多連装砲)とみられる物体3発を発射している。

 
 
 

 なお、韓国軍当局は26日のミサイル発射について、中国の習近平国家主席の来韓(来月3~4日)を前に行われたことから、注目を集めるための一種の「武力示威」との見方を示した。

 韓国軍は北朝鮮の新たな挑発の可能性に備え監視態勢を強化している。

 
 
 
 
    

« NISA非課税枠の拡大検討 | トップページ | ティクリート奪回でイラク政府軍が攻勢 ロシア軍事顧問到着 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/59897432

この記事へのトラックバック一覧です: :

« NISA非課税枠の拡大検討 | トップページ | ティクリート奪回でイラク政府軍が攻勢 ロシア軍事顧問到着 »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ