« 財政赤字 2014会計年度の累計は08年以来の最少 | トップページ | 北朝鮮 物体2発を日本海に向け発射 »

2014.07.13

利上げ時期めぐり見解に相違

 6月の米雇用統計で失業率が6.1%と約6年ぶりの低水準に低下した。

 米国地区連銀総裁の間で利上げ時期を前倒しすべきかどうかをめぐって11日、意見の相違が浮き彫りとなった。

 

 フィラデルフィア地区連銀のプロッサー総裁は、利上げを過度に先延ばしすることで米連邦準備制度理事会(FRB)は信認を失いかねず、経済統計では既に金融引き締めの必要性が示されているとの考えを示した。

 同総裁はブルームバーグテレビジョンとのインタビューで、06年以降初めてとなる
   利上げ
について、われわれは多くの人々の想定よりも近づいていると述べ、仮に
   長く待ち過ぎ
ると、われわれは信認をなくし
   インフレを制御できなくなる恐れ
があると続けた。

 
 
 

 シカゴ地区連銀のエバンス総裁とアトランタ地区連銀のロックハート総裁はこれに対し、低インフレと労働市場のスラック(たるみ)を考慮すれば、FRBは2015年下期(7-12月)または16年まで
   利上げ開始を待つこと
が可能となろうと指摘した。

  
 
 
 
   
    

« 財政赤字 2014会計年度の累計は08年以来の最少 | トップページ | 北朝鮮 物体2発を日本海に向け発射 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/59975856

この記事へのトラックバック一覧です: 利上げ時期めぐり見解に相違:

« 財政赤字 2014会計年度の累計は08年以来の最少 | トップページ | 北朝鮮 物体2発を日本海に向け発射 »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ