« 世界で暗闘する超グローバル企業36社の秘密 -日本人が知らなくてはならない | トップページ | イランが反「イスラム国」戦闘で イラク・クルド人勢力を支援 »

2014.08.27

アルゼンチン外貨建て債を自国勘定で支払う案は違法

 米国の連邦地裁のトーマス・グリーサ判事は21日にニューヨークで開いた緊急の審理で、
   アルゼンチンの外貨建て債
への支払いを米国法の効力が及ばないアルゼンチンの国内法に準拠して実施するとのフェルナンデス大統領の提案について、違法だとの見解を示した。

 

ただ、同国を法廷侮辱罪に問うことは控えた。

  
 

 グリーサ判事はフェルナンデス大統領が19日発表した同案は
   「無効かつ違法」
であり、現在の裁判所命令に反するとの判断を示した。

 

 アルゼンチンのデフォルト(債務不履行)債を保有する投資家側の弁護団は同国を法廷侮辱罪に問うことを求めていた。

 

 同判事は侮辱に当たると認定してもアルゼンチンと債権者との和解見通しを高めることにならないとして、投資家側の要請を退けた。
 その上で必要性が最も高いのは和解をまとめることであり、和解しなければならないと述べた。


 
 
 

ひとこと
 「アルゼンチンの外貨建て債」をアルゼンチンが米国で発行しているのであれば、米国の法適用があるが、メディアの情報からはどこで発行したのかが明らかではない。

 販売がアルゼンチン以外で行われていても、販売を米国企業等が請け負っておれば、販売を請け負ったた企業にも責任が生じるのは明らかであり、責任分担が問題になるだろう。

 
 
 
 
 
 

« 世界で暗闘する超グローバル企業36社の秘密 -日本人が知らなくてはならない | トップページ | イランが反「イスラム国」戦闘で イラク・クルド人勢力を支援 »

One MileStone」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/60215940

この記事へのトラックバック一覧です: アルゼンチン外貨建て債を自国勘定で支払う案は違法:

« 世界で暗闘する超グローバル企業36社の秘密 -日本人が知らなくてはならない | トップページ | イランが反「イスラム国」戦闘で イラク・クルド人勢力を支援 »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ