« 話し合いでは手に負えない状況に陥り得るリスク地域 | トップページ | 産油国イラクでの戦闘 世界の原油供給状況に不安が無いのは明白 »

2014.08.14

スコットランドが英国からの分離・独立という「ポンド」リスク 

 イングランド銀行(英中央銀行)の
   カーニー総裁
は13日、ロンドンでの記者会見で、スコットランドが英国からの分離・独立を決めた場合は、「通貨に関する不透明感」で
   「金融安定上の問題」
が生じる可能性があると述べた。

 なお、金融安定を担う責務に関し、緊急対策が同中銀にあることを明らかにした。

 

 

 スコットランド独立の是非を問う住民投票は9月18日に実施される。


 
 

 世論調査ではこれまで常に独立反対派が優勢という。

 

 調査会社TNSスコットランドの責任者トム・コストリー氏によれば、想定外の結果を引き起こすのに十分な浮動票があるとのこと。

 

 なお、独立となった場合にスコットランドがどの通貨を採用するかは争点の一つとなる。

 

 キャメロン首相率いる与党・保守党と連立パートナーの自由民主党のほか、最大野党の労働党も独立に反対している。

 住民がスコットランド独立を決めても通貨同盟は結ばないとしている。

 
 
 

 これに対し、スコットランド行政府の
   サモンド首相
は今週、ポンドの継続利用を妨げることはできないと主張した。

 
  
 
 
   

« 話し合いでは手に負えない状況に陥り得るリスク地域 | トップページ | 産油国イラクでの戦闘 世界の原油供給状況に不安が無いのは明白 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/60147279

この記事へのトラックバック一覧です: スコットランドが英国からの分離・独立という「ポンド」リスク :

« 話し合いでは手に負えない状況に陥り得るリスク地域 | トップページ | 産油国イラクでの戦闘 世界の原油供給状況に不安が無いのは明白 »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ